スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
田村ゆかり Love Live 2008 * Chelsea Girl * in 日本武道館
桜がいっぱい開花して、美しかったです~


色々とあったけど、桜はキレイだったしゆかりんは最高だし
武道館は大成功ということでひとつ!


<開演まで>
会場である武道館には11時前くらいについたんですが、
いやーもうとにかく物販列が凄すぎて。
俺が並んだときは5時間待ちだったそうですからね。

しかしそんな物販列に並んでいると
満足にライブ本番で跳べなくなってしまうので
昼飯をとるついでに列から離脱しました。

メシを補給し一旦荷物を置いてから
再度15時50分ぐらいに武道館に再到着し、もう一度物販列に並ぶ事に。

今度は2時間弱で変えました。
・・・が、それって結局17時40分頃に購入完了で
開演直前ギリギリの状態でしたよ。
うーん、今回ほど苦しんだ物販も記憶にないですなぁ。

会場に入ると、BGMは光GENJI。
ああ間違いない。ゆかりんの趣味だ(笑)。

開始は18時10分ぐらい?
ほぼ定刻どおりに開演だったかと思います。


<~開演後>
暗転と同時にモニターに「Are you ready?」の文字が4回出て、
その後旗を持った人々登場。
国家行事としての体裁を出しつつ、1発目へ。

そんな1曲目は、なんと「チェルシーガール」!!
出だしからフルスロットル全開であるため
もういいきなりのクライマックス到来だぜ!!
Hey!×16回×2発とかさ、最初にやることじゃないぜ!(笑)

一発目で出ちゃったこともあり予想通りに口上はほぼ壊滅。
今後も浸透していくのかな・・・?
それと、ちと音響でハウリング起こしてたように感じましたん。

続けて2曲目はなんと「惑星のランデブー」!!
やる気や・・・ゆかりんは王国民をヤりにきている・・・ッ!!
まだ身体が温まりきってない状態で突入するランデブーはきつかった。
いやまぁこういうビックリさもまたゆかりんのライブの魅力だけどね。

お次もノンストップで「Fortune of Love」!!
久々にFoLが聞けた!
それだけでもう感極まりそうでした。
口上もロングコールもしっかりと入れましたよ~!

3曲トップギアで走りきったところでMC一回目。
「ライブハウス武道館へようこそ!」
今回のライブに向けて色々と武道館のライブDVDを見て研究したゆかりんの結論は
必ずどこかで『武道館~!』と叫ぶことでした(笑)。
言ってくれたら最大級に反応しようと思ってましたけど
まぁその後すっぱりなかったよね!(苦笑)

MCで一息ついた後はニューアルバムから「片想いルーレット」
イントロで衣装替えしての突入してましたね。

続けて来たねこれ! 「デイジーブルー」
すぷりんぐふぃーばーはなかったですけど、こっちがあっただけ満足♪
あとFoLのときもそうだったけど、振り付けが昔と変わってたなぁ、と。

6曲目はこれまた懐かしい「Lovely Magic」!!
あの覚えにくいサビの振り付けがなくなっていたのは
必死に練習したので寂しい反面、
コールに集中できるのでうれしい部分もあったり。

ラブマジが終わったところでゆかりんは一旦退場し、
代わりにメンバー紹介のムービーが。
好きなモビルスーツがギャンとかジオングとかはまだいいんだけど、
初恋の人の名前が渡る世間の人とか好きな必殺技は必殺仕事人の糸のヤツとか、
もうどうしたいねんあのコーナー。
好きな武器に落とし穴とか書いとるし!(笑)
あ、ちなみに必殺仕事人の糸のヤツはGyaoのネット放送見てないとわからないネタでしたね。

紹介ムービーで爆笑の後はニューアルバムから「恋は波のように」
イントロでドレス姿に衣装替えしての突入をしてましたね。
西側袖からのイリュージョン登場でしたが
途中で機材に衣装が絡まってあわててたのには曲中でしたが思わず笑った(苦笑)。

背中に羽を装着して、お次の曲は「上弦の月」
ここでは花道中央でセッティングされていたエレベーターを使用して
ゆかりんが7mの高さまで上がっていました。
幻想的な雰囲気で素晴らしい・・・のですが、
花道正面のアリーナE最前列はタイヘンなことに。
スモークで完全に視界を潰されてた、というかスモークもろに直撃(笑)。
それでもへこたれずにリウムを振る彼らの姿には感動したけど(笑)。

7mの高さからのMC2回目。
『アップ』『ダウン』のゆかりんの掛け声とともに自由自在に動くエレベーター。
技術の人マジすげぇ(笑)。

元の高さに戻ってきたところで、恒例の質問タイム。
台湾から人たちはホントすげぇよな。
そして福岡から来た人~でゆかりんの「うれしかー」と方言聞けて大満足。
あと女性が今回かなり増えていたように感じました。

質問コーナーが終わり、ゆかりんが次の曲を紹介。
「実ははじめてライブで歌う曲です」
なんだろう? と思っていたら、ね。
「未来パラソル」ですよ!!!
うわーもうこの曲だけでこのライブの価値はあったなぁと感動しまくり。
あまりの名曲さに極上生徒会のキャラソン集買ったんだもん。
コナミ名義の曲だけど、流れて本当に本当にうれしかったです♪

未来パラソルで感動したところで、ゆかりんが衣装替えに退場して
桃色男爵の演奏を魅せまくりのコーナーへ。

そのままの雰囲気に、モニターに宇宙をイメージさせるような映像が映り
ニューアルバムから「Petite Lumière」へ。
歌も良かったけど、とにかく衣装替えしたゆかりんの
足とか足とか足に視線がどうしてもいってしまいました。
だってなぁ、下にもう一枚履いてるとはいえあれだけの露出ですから。
チラリチラリとスリットから見える足がたまらんかった・・・エロス・・・。

エロスなままにお次は「星空のSpica」
大阪FCで要望したとおりの特効使いまくりでもう爆笑した!
さすがに銀テープは無理だったようですが、
代わりに炎が炸裂で否が応でもヒートアップして跳んじゃったよ。
でも『テッテッテッテテン』に合わせて5連発じゃなかったのは
やはり安全面でも問題があったのだろうか(笑)。
まぁサビ部分で非常に炸裂してましたから、それだけでもうはらいっぱいス。

炎でヒートアップしながらのMC3回目。
チラリズム全開の足元を恥ずかしがって隠すゆかりんでしたが
隠したら余計にエロかった(苦笑)。

そしてエロス成分の話はさておき、
昨日発売されたモンハンの話へと。
分厚い攻略本買って勝ち組気分とか、
カプコンの取材に答えたんだからゲームもらえるはずとか、
実にゆかりんらしいお話だったなぁ、と。
特に「家帰ってモンハンやりたーい」で締めるあたりが(笑)。

続けては「Beautiful Amulet」
おむれっとも普通に来ましたかー。
しかしこれでUOを炊く人の気持ちがやはりわかりません・・・。

13曲目にはこれまたニューアルバムから「Sand Mark」
これはもう、とにかくあれだね、エロかった。
ゆかりんには珍しいスタンドマイクで歌ってましたが
表情とか仕草のエロスがストップ高でしたぜ!

エロスを最大限味わったところでゆかりんは衣装替えで退場、
インスト曲の「Overture~Secret New Moon~」へ。

衣装替えが終わったゆかりん、今度は東側の袖にイリュージョン登場。
エプロンドレスの衣装に着替えて「Swing Heart」へ。
中央に移動してバトンによる振り付けだったんですが、
これはもうゆかりんの絶対領域に思考回路が釘付けに・・・(こんなのばかりだな)。

絶対領域でたまらなくなりつつも次の曲は「mon cheri」
CDよりもライブVer.の方が好みかなー?
けれどこの曲は歌詞がたまらなく大好き。
「ふたりで同じものでただ 胸の中を満たしたかっただけ」とか
「みんなじゃなくてわたしだけ見て 今日だけは」のあたりなんて、
初めて大宮で聞いたときは泣いたもんですよ。

ということでSMWで6回聞きライブDVDで死ぬほど練習したので
親指と人差し指で輪を小さく作るサビの振り付けもお手の物。
あ、そういやラストの振り付けだけ変更されてましたね。
今回ヘッドセットだからか、両手を胸元に持ってきてたなぁ。
あとラストのところで腕振りが追加されてましたな。

もんしぇりで萌えあがったところで16曲目には「お気に召すまま」
桃色メイツ以外のダンサーさんたちも登場し、舞台チックな展開に。
『クルクル』とかで動くゆかりんが可愛すぎて、もうどうしたら。
最初と最後にお辞儀するゆかりんもよかったですわん♪

そしてストーリーが終了して追加ダンサーさんたちが退場したところで
桃色メイツがでかい布を持ってきてイリュージョンへ。
・・・でも一回消えなくて失敗したよな(笑)。
持ち上げたらゆかりんがまだいてちょっと笑った。

イリュージョンしてゆかりんが舞台上から消えたあとは
ダンサーさんが三人ほど扮装して登場し、花道中央に大きなテント状の布が登場。
そして爆発音とともに布の中から衣装を替えたゆかりんが登場!
いやー大きな音がしたのでびっくりしたよ(苦笑)。

そしてそのまま「童話迷宮」へ!
もうすっかりライブの定番曲になりましたね。

イリュージョンには特にも触れずに(苦笑)
皆さんお待ちかね~のめろ~んタイム!
「西2階WU-12にめろ~ん!」「いなーい!」の繰り返しが一番最高に笑った(爆笑)。

あとは寸止めろ~んが、きつかったよね・・・。
「ろ~」でとめられるとさ、背骨が痛くて(苦笑)。
それでもなにかしらの新しさを常にめろ~んに入れてくれる、
ゆかりんの優しさというか才能にはホント感謝しています。
でも「はっぴーちぇるしー、めろ~ん!」はキツイなぁ(笑)。

ひとしきりめろ~んしたところで衣装替えにゆかりんが退場し、
ゆかり王国国歌の振り付け練習講座が。
公式振り付けなのにマワリとロマンス亜流ってどうだろ(笑)。
回転しすぎて目が回りました(笑)。

練習タイムが終了したところで突如流れるにしおかすみこのモノマネ!(笑)
資本主義の豚どもなのでみんなゆかり姫に平伏してました(笑)。
あれ絶対DVD化したら収録できねぇ(笑)。

ということでカオスなお時間「めろ~んのテーマ~ゆかり王国国歌」へ!
被せPPPHありのマワリありのロマンスありのめろ~んウェーブって
もうどれだけ詰め込んだら気がすむかなもう!(苦笑)
270度めろ~んとか凄かったなぁ。

散々めろ~んしたところで桃色男爵紹介コーナー。
そして開始されるみんな大好きゾーン!!
まず一曲目には「candy smile」
キャンスマ来たぜー!
これはもう説明不要で跳びまくりでしたね!
とにかく感じたままに跳べばいいんだよ!
そして最後にはきっちり「好きだよ、俺もー!」のコール入れさせていただきました。

次なる2曲目は「恋せよ女の子」!!
もうパペット曲が!!
これも完璧に定番ですから、何を迷う部分があろうか!

そして3曲目にニューアルバムから「Happy Life」
とてもはじめての披露とは思えないぐらいに会場全体のコールが揃ってたよね。
サビの部分の完璧さったらどうだい。
まぁその代わり口上は誰もやってなかったけどね。

みんな大好きゾーンで燃焼したら、悲しいけど最後の曲。
これはもはやゆかりんのライブになくてはならない名曲!
「Little Wish~first step~」!!
全力全開で盛り上がるために、一生懸命コールしました!
「せーのっ」とかリードコールもしてましたよん。

めかりるが終わったあと、会場全体とお別れをしてゆかりんは退場。
そして巻き起こるアンコールの嵐!
今回は会場が大きいからか、モニターにアンコールの手拍子リードの映像流れてましたね。
あの、手を叩くうさぎがかわゆすぎます(笑)。

舞台の2階から再登場したゆかりんのアンコール1曲目は、
久しぶりに帰ってきてくれました!
「Baby's Breath」!!
もう久しぶりに跳ぶベビブレで、途中コールしながら泣いてしまった。
ああ、やはり思い入れの強い曲のひとつだよ、ベビブレ。

ベビブレを歌ったあとは桃猫団を呼んで
いつものショートコント開始。
・・・なのでしたが、今日はあっさりめだったような?
まぁたまにはこういうのもありかな。

桃猫団をさらっと終わらせて、EC2曲目の「恋するラズベリー」へ!
曲前にめろ~んステッキ持ったからって唐突なめろ~んは笑った。
そしてラズベリーもSMWを経て大分コールが完成されましたな。

そしてまだまだ続くよッ!
EC3曲目はお待ちかねの「fancy baby doll」!!!
やっぱfbdがないとねー!
もう説明なんか一切無用の最強コールですよ!
間奏最中のウサギ争奪戦はかーなーり近場に跳んできましたが、
非常に命の危険を覚えかねない熾烈なリバウンド争いでした。
必死すぎだよ・・・俺も欲しかったけど・・・。

fbdの終了後にみんなで挨拶し、
残ったウサギを各所でゆかりんが投擲してました。
それにしても花道での投擲はもう少しでスカートの中身がみえそうだったので
なんとかしてください。

ゆかりんが会場全体をずーっと見渡しての長いお別れの後退場し、
さーてダブアン開始ですね!
・・・と思ったらあっさり終了アナウンス。
まぁ時刻が21時13分だったからなぁ・・・無理も無いか・・・。

というわけで3時間に及ぶゆかり王国の式典が終了したのでした!


<感想とか。>
いやもう、普通にいつものゆかりんらしいライブだったなぁ、と。

武道館だし、なにか特別なことでもあるかな? と思ってましたが
終わってみれば選曲も演出も、実にいつものゆかりんライブらしいものでした。
特に選曲は、ニューアルバムなどの新しいものから、
古いFoLやラブマジも入れてくれて、
新旧のバランスが整った非常に秀逸なものであったと個人的には思いました。

そしてなにより、ゆかりんがやっぱり大好きなんです。
武道館という大きな舞台に立ちながらも、
そのスタンスを崩すことなく魅力いっぱいに歌ってくれたゆかりんを見てるだけで、
こっちも幸せな気持ちでいっぱいになるんです。
ああもう。大好きだよゆかりん!
会場でもいっぱい叫んだけどやっぱりここでも書いてしまうなあ。

物販とか細かい不満点はあれど、
ライブそのものは本当に最高のものでした。
今年も精一杯ゆかりんについていくぜ!!
スポンサーサイト
【2008/03/30 19:58】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
久々にラノベの感想。
輪環の魔導師 2巻(電撃文庫)
今回の幼馴染は実にヤンデレで怖いよ(笑)。

というわけで僕らの幼馴染小説家である渡瀬草一郎氏の最新刊です。
長い長い物語の序章という印象かなあ。
アルカインの仲間を出しつつ味方を出したり
敵である魔族側のキャラを増やしたりと
今後の展開のための入り口といった感じのお話だったように思います。

まぁやっぱり幼馴染成分が多いんだか少ないんだかという
いつもの渡瀬作品と比べて幼馴染を強く感じられないのが
燃え上がるような幼馴染小説とは違った印象を受けるのかな、なんて思いました。
ティアネスという新キャラ登場で幼馴染であるフィノにどんな変化があるのか、
そこら辺が俺の中の評価に関わってきそうです。
【2008/03/12 20:53】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
新谷良子Live Tour“はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる’08”chu→lip☆Medalist in 東京SHIBUYA-AX
長かったぜ・・・入場までが。


渋谷は何度来ても慣れない場所ですよ。


<開演まで>
飼い主のおうちでいいだけからぶりサービスを読んでいたため
会場には17時よりもやや遅れて到着。

・・・だったのですが、入場開始は17時40分頃から開始でした。
一応上に一枚着てたから俺は助かったけど
Tシャツだけのライブ用装備の人たちは大変そうでした。
(リハが押して開場30分押しだったということですが)

するするっと前の方に移動して前から5番目中央でポジショニング。
うん、結構いい場所でした。

跳ぶスペースをさりげなく主張しつつ自分の場所を確保していると、
スタッフさんから悲痛な宣告。
「もう一歩前へお詰め下さーい!」
いや、もう、慣れたけどね・・・このツアーでさ・・・。
けれどライブハウスで凝縮されちゃうってのは死を意味するんだぜ?

区切りで設置されてるバーに押し付けられて圧迫されつつも開演。
多分30~40分押しかな?
まぁあれだけ開場が遅れれば普通な設定と言えましたが。

あ、ちなみにりょーこ&PBBがステージ袖で気合いれてるのが
全部聞こえたのには笑ったり嬉しかったり。


<開演後>
いつもどおりにオリンピックっぽい始まり方。
開幕のりょーこのナレーションがあったあと
選手入場の掛け声とともにPBBメンバー&りょーこがステージ上に現れ、
全員揃ったところでりょーこの選手宣誓。
選手宣誓が終わったところで
「ちゅーりっぷ王国、国歌斉唱!」

「れーい、おーぶ、さーんしゃーいん!」

今日もみんなでイントロ大合唱、1曲目から最高潮のクライマックス到来!
「ray of sunshine」!!
一曲目なのにいきなり炸裂する特効!
金のテープが会場に舞う!
今回だって初手から全力だぜ!!

そして曲の切れ目がなく「Bandwagon」「ハリケーンミキサー」ときて、
さらにノンストップで「サティスファクション」
ハリケーンミキサーのサビ振り付けはいいね~。
ツアー中に完全に染み付いてしまいました。

4曲連続で駆け抜けたところでようやくMC1回目。
フリートークっぽく始めたり夢の話だったり。
渋谷はりょーこも慣れませんかそうですか。
同じだ(苦笑)。
夢の話は『声優になりたかった自分』でしたので
ここら辺は俺の聞きたかったトークだから満足した。

5曲目は夢の話を多少強引だったけど振りとして「YU・ME・MI」
しかしこれに限らず、バラード系でもちょっとドラム音が強すぎるような。

お次は「Parallel Paradise」
2番Aメロで手を挙げてる人、やめてよね。
歌詞の意味を考えたら挙げないのが普通だろうに。

続けて「STEREOLOVE」
サビが振りコピになってくれて去年のゆうぽうとに比べ
俺としてはノリやすい曲になってくれましたね。

ここで衣装替えのためにりょーこが一旦退場して
インスト曲の「Too Fat To Play」。
ドラムの重低音がホント腹に響くんだよ。

衣装チェンジ終了すると「10年後のタイムカプセル」へ!
このサビワイパーは2階から見てたらさぞかしキレイだったろうなぁ。

曲が終わってMC2回目。
曲名にちなんで「タイムカプセル」について。

トークが終わるとスタッフさんがピンク色のギターを持ってきて、
りょーこの演奏有Ver.な「ピンクのバンビ」
何度やってもりょーこのソロ部分で一瞬静寂に包まれるのが
なんともいえない緊張感をかもし出すよね。

そしてピンクのバンビが終わると限定曲コーナー。
東京では特別編で名古屋と大阪から一曲ずつ+東京限定曲1つの構成に。
名古屋からは「わすれないよ」、大阪からは「ラバーソウル」でした。
ラバーソウルはイントロ部分で既に最高に盛り上がったなぁ。
しかし個人的には音響のせいであまり満足に聞けなかった
「天使の涙」が大阪から欲しかったかな、なんて。

そして東京限定曲は「Wonderstory」!!
ここでこれだけの跳び曲を入れてくるかー!
てっきり懐かし曲で来ると思っていただけに、
ライブ鉄板曲を敢えてここで入れてくるというサプライズが嬉しかったですよ♪

限定コーナーが終わるとMC3回目として今回のニューアルバムの話へ突入。
その導入として気分転換の話を出して、上手く色彩の違う悲しい歌に繋げよう
・・・と考えていたと思われますが、
いまいちまとまりきれてなかったようにも思えました。

まあそれなりに締めて次の曲「ルーフトップ」へ。
今回は特に感情を込めて歌ってたなぁ。

そのままに「snow drop」
こっちはルーフトップよりも感情込めて歌ってましたね。
細かいシャボン玉を飛ばして雪の演出をしてくれたりと
名阪とは全く違う印象の残るステージでした。
いやもう、幻想的な雰囲気がバーッと広がっていくようだったね。

2曲でまったりしたところでもう一回衣装替え。
その間はニューアルバムのもう一個のインスト曲「sentido cervato」。
ここでも東京だけの演出ということで、
R・O・N君によるラップとギターソロのがあったり。

衣装チェンジして「チェックメイト」「トリックスター」「ロストシンフォニー」
トリックスターはホント跳ぶと楽しいやね。

3曲続けたところでMC4回目。
ロストシンフォニーに込めた気持ちとか。

ラス手前の曲は「Be Free(as a shootingstar)」

そして最後の曲は「Wonderful World」
これも東京だけの演出として中央部分に巨大ミラーボールが出てきてました。
この演出は凄かったなー。

曲が終了してりょーこ&PBB退場終了して、アンコール開始。
今回はそろっていたなー。
おかげで力いっぱい参加してしまいましたよ。

アンコールに応えてりょーこ&PBBが一緒に再登場。

EC1曲目は大阪と同じくライブ限定曲「はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる」
みんなで大合唱したせいか、
曲が終わったらりょーこはちょっと泣きそうになってたような。

バンドメンバーにお題をネタフリしてトーク。
お題は「他のメンバーを漢字一文字で表すと」でした。
これは大阪よりも印象に残らなかったなぁ。
R・O・N君が面白いこと言わなかったからか?(笑)

EC2曲目はPBBが担当楽器入れ替えての「encore」
すっこーんと1番サビの歌詞を間違えたのも
それはそれで魅力ということで(苦笑)。

2曲終わったところでリリースインフォ。
紅のED曲担当することになり、作曲はR・O・N君!
こりゃまた期待できる曲になってそうじゃないですか。

今後のお話なぞした後はラストの曲!
最後はやっぱり盛り上がって爆発しないとねってことで
「CANDY☆POP☆SWEET☆HEART」!!
ラストの「オレンジに染まって~♪」で一斉にUO折る光景は
客側から見ても感動しかけるんだから、
あれはりょーこ視点だと相当にインパクトありそうだよね。

燃え尽きたところでりょーこ&PBBが退場。
しかし会場から起こる「もう一回」コール。
これに応えてりょーこだけ再登場し、それに続いてPBBも登場。
なんとなーく、予定調和なダブアンだよね。
まぁ嬉しいけどさ、素直に喜べないというか。

ダブアン曲は「ラストソング」
聞いている最中に金沢公演を思い出して泣きそうになっただよ。
りょーこも途中で泣きそうになって歌えなくなりそうでした。

胸一杯のありがとうをマイクを使わずに伝えたところで
ツアー全行程が終了。
気持ちよく3本締めして全てが終わったのでしたとさ。

ちなみに終了は21時20分くらい?
やっぱ30分押しがきいてましたね。
渋谷でご飯食べてたら間違いなく帰れなくなってしまうとこでした。


<感想とか>
3年ぶりのりょーこツアー、終わっちゃいました。

ニューアルバムが中心となりつつも
ピンクのバンビなどの懐かしい曲も織り交ぜて、
新旧交えたPBBでの曲を見せてくれたってことで
従来のファンと新規参加者の両方に対応できてたセトリでしたね。

まぁ音響面とか会場面とか
様々に問題もあったことは事実。
けれど楽しかったから今はいいじゃないか、と。

確かに不満なことは改善していってほしいですが、
久々に開催されたツアーだったのですから
喜びの方が大きかったかな、と個人的には思いました。

次もまた行きたいなー。
できれば今年は定期的なライブをして欲しいですよぅ。
【2008/03/11 20:12】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
新谷良子Live Tour“はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる’08”chu→lip☆Medalist in 大阪BIG CAT
会場の概観だけ


2月24日の話ですが、気にしないように(ぇ


<開演まで>
名古屋で昼過ぎまで過ごした後は新幹線で会場へ。
新大阪→心斎橋経由でアメリカ村入り。
会場、そこにあるんだ・・・。

アメリカ村の路地の裏のビルの中とか
ちょっと田舎モノには危険を感じてしまうような。

入場は結構どうかと思う部分もあったけど
わりかしスムーズには進行してました。
都合上ロッカーを発見できなかったので会場内のロッカーを使い、
今回のオースタに参戦。

ちなみに会場の広さは普通のライブハウスって感じ。
傾斜がないから一番後ろの女の子席は見えなかっただろうなぁ・・・。
跳ぶスペースは作れる程度でしたが
開演前には名古屋に続いて「前にお詰め下さーい」があったけどね。


<開演後>
前回と同じくオリンピックっぽい始まり方。
開幕のりょーこのナレーションがあったあと
選手入場の掛け声とともにPBBメンバー&りょーこがステージ上に現れ、
全員揃ったところでりょーこの選手宣誓。

選手宣誓が終わったところで
「ちゅーりっぷ王国、国歌斉唱!」

「れーい、おーぶ、さーんしゃーいん!」

みんなでイントロ大合唱し、
1曲目から最高潮のクライマックス到来!
「ray of sunshine」!!
一発目からUOを全力発動で跳んでコールしまくり!
名古屋と違って大阪では大爆発でしたよ~!

そのまま2曲目「Bandwagon」、3曲目「ハリケーンミキサー」
4曲目「サティスファクション」へ。
このあたりも前日の教訓が活かされてるのか跳びがそろっていたようなw
「愛してる~♪」の部分なんて完璧やったね。

4曲連続で駆け抜けたところでMC1回目。
夢占いの話が引き続きでましたが結局東京へ持ち越し。

5曲目は夢占いを振りにして「YU・ME・MI」
ここでようやくまったりですよー。

お次はロストシンフォニーから「Parallel Paradise」
大阪でも2番Aメロで微妙に手を挙げてる人がいたなぁ。
空気読めと。

続けて「STEREOLOVE」
大阪では振りコピでやってみました。
コピの方が楽しいな。

ここで衣装替えのためにりょーこが一旦退場して
ニューアルバムからインスト曲の「Too Fat To Play」へ。
今回はスピーカー前じゃなかったから普通に聴けました♪

衣装チェンジ終了で「10年後のタイムカプセル」
間奏とかはどう跳べばいいのか微妙だなぁ。
東京では予習しとかないと・・・。

曲が終わってMC2回目。
さっきの曲名&名古屋からの発展系で『10年後の自分』という話。
36歳かぁ・・・口にするとリアルに恐ろしい数字です(苦笑)。

トークが終わるとスタッフさんがピンク色のギターを持ってきて、
りょーこの演奏有Ver.な「ピンクのバンビ」
今回もソロパートにハラハラしたけど乗り切れてよかった。

こっから2曲は大阪限定曲。
懐かしいお歌な「ラバ-ソウル」「天使の涙」が。
ラバーソウルは初めて生で聞けて嬉しかった~!!
しかしその後の天使の涙が音響のせいか音が聞こえたり聞こえなかったりで残念。

こっからはMC3回目で今回のニューアルバムの話。
アルバムにまつわるお話をしつつ、次の曲「ルーフトップ」へ。

そのままに「snow drop」
どちらもリウムを振らずに聞いていましたね。

2曲でまったりしたところでもう一回衣装替え。
その間はニューアルバムのもう一個のインスト曲「sentido cervato」。
今回はギターが真正面で見えたからすっげーと思った。
PBBはホントレベル高いわ。

衣装チェンジして14曲目「チェックメイト」
いまいち煮え切らない感じがあるのは俺だけ・・・?

お次は「トリックスター」
今回も一部微妙に歌詞が飛んだ気もするけどまぁいいか!
名古屋と違ってスペースがあったので跳べましたね。

続けて「ロストシンフォニー」へ!
こっちも跳びまくりーの叫びまくりーですね。

ラス手前の曲は「Be Free(as a shootingstar)」

そして最後の曲はやっぱり
ニューアルバムのタイトルから「Wonderful World」
お前ら英語の部分すげぇ揃ってるのな。
アルバムのジャケに書いてあるというのに。

曲が終了してりょーこ&PBB退場終了して、
アンコールが開始。
今日は揃っていたよね。

EC1曲目は名古屋と入れ替えで「はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる」
今日もちゃんと歌ってきたぜー。

「ここは絶望先生のライブか!」発言に笑いつつ
バンドメンバーにお題・大阪弁で大阪についてネタフリしてトーク。
今回もR・O・N君きったないわー。
「オコノミヤキースキヤネーン」とかエセ外人で乗り切るなんて(笑)。
タマゴタプーリはあまりにインパクトが強すぎる(爆笑)。

EC2曲目は「encore」
バンドメンバー入れ替えで。
しかしあのトークしたあとでこれはPBBにとってきついな(苦笑)。

「オリンピックは色々と競技があっても、最後の閉幕式は皆笑顔です。
 だからちゅーりっぷ王国も最後は楽しく上げ上げでいきます!」

ってなことでみんなで歌った後は最後に大爆発!
締めはやっぱり跳び曲じゃないとね!
「CANDY☆POP☆SWEET☆HEART」!!
今日も全部やりきって完全燃焼だ!

わりとおしおしだったせいか、19時20分には終了。
こっから心斎橋までの脱出が一番緊張した。
うん、俺と人生の接点が一切なさそうな人いっぱいいたんだ。


<感想とか>
オースタ2連戦はきつかったとです。

ほぼセットリストは同じだったけど、
名古屋と比べて会場の大きさが広いし
音響も大分ましになっていたので名古屋と違って結構落ち着いて見れてましたな。

最後は東京は渋谷。
これは悔いの残らないように頑張っていきますよぉ!
【2008/03/02 21:51】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
近くて遠い明日。


CALENDER
02 | 2008/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT ENTRIES
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in アイプラザ豊橋(10/24)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in パシフィコ横浜 国立大ホール(二日目)(10/23)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(二日目)(10/06)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(一日目)(10/04)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 仙台サンプラザホール(09/28)
  • RECENT COMMENTS
  • チェリー(10/07)
  • をつこ(07/08)
  • 飼い主(03/04)
  • ぺっと@管理人(01/24)
  • あらやまつみ(01/24)
  • 秋田の人(06/15)
  • かいぬし(05/27)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 魂は永遠に彷徨う(声優とアニメの情報ページ):11/10 本日の声優、アニメ情報(11/10)
  • 気になるキーワードでブログ検索!:【Animelo】についてサーチエンジンで検索してみると(09/02)
  • ARCHIVES
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (3)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (4)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (7)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (6)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (12)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (17)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (19)
  • 2006年02月 (22)
  • 2006年01月 (17)
  • 2005年12月 (19)
  • 2005年11月 (16)
  • 2005年10月 (24)
  • 2005年09月 (15)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (14)
  • 2005年06月 (20)
  • CATEGORY
  • 同人 (4)
  • イベント (89)
  • その他 (56)
  • アニメ (110)
  • マンガ (43)
  • ラノベ (31)
  • ゲーム (24)
  • 未分類 (1)
  • LINKS
  • 田村ゆかり公式ホームページ
  • 黒うさぎの小部屋
  • SEARCH

    PROFILE
    ms_ki
  • Author:ms_ki
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。