スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
潜水艦の武装錬金の大胆なアレンジにいたく爆笑しました。
6形態に変化するバカ戦艦なんかにしやがって(笑)。
そんなネタなんか、大好きなんじゃあ!

舞-乙HiME Zwei DVD2巻
我らがハルカ・アーミテージ准将の天下がやってきた!
主役を得て大活躍する日が来たのだよー!!

というわけで徹頭徹尾ハルカちゃん大暴れだった2巻。
国営放送で特番を組まれるだけのことはある人気っぷりとか
ローブなしでバスジャック犯へ特攻するとか
自分のテリトリーでやりたい放題だなもう!(笑)

しかしハルカちゃんから目をそらすと
お話が凝縮されすぎて性急ですねという感じです。
バスジャックは結局アーミテージ准将のために小道具として出しただけだし
メインシナリオは大事な部分をダイジェストで出しましたって具合で
消化不良な点が見られたように思えました。
つーか土台無理だよ。あれだけのシナリオをOVA4巻でまとめあげようだなんて。

ユキノ大統領が単独で説得にいったのに
結局はハルカちゃんが説得開始前に特攻して終わりとか
そもそもアリカは全く出す意味なかったですよねぇ! とか
思うことありすぎる気もしますが、
そこら辺はもうハルカ・アーミテージ准将の活躍で忘れます。
2巻はそこが全てなんだよぅ!

コードギアス 反逆のルルーシュ DVD2巻
エ・ロ・ス! エ・ロ・ス!!
ピクチャードラマがエロすぎます。たっけてー!

現在進行形で盛り上がってるコードギアスですが
DVDだって盛り上がってます。
オーディオコメンタリーでオレンジさんの中の人呼んで4話を解説しないように!(笑)
中の人を交えてジェレミア卿がオレンジさんへと落ちぶれていく様を喋るのは
もはや痛快なギャグにしか思えませんでした(笑)。

しかし2話あたりはやっぱ声優さんがまだ慣れきってないなーって感じがしました。
今じゃ定着してますが、あの頃は初登場ですって人もいたからなぁ。

リアルタイムの方はすっごいですよね。
ついに神の島。ダレがダレの正体バレをくらうのかディ・モールト気になります。
あとガウェインはルルーシュと一緒に誰が乗るのか早く教えれ。
スポンサーサイト
【2007/02/25 23:13】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
休養期間デス。
今月は冒頭からラーメンズいったりライブ2回いったりと駆け抜けすぎ。
そのため今週来週とお休みするよていです。
まぁ3月3日には新谷良子のライブに行くけどね!

しんたにりょーこのアルバムはびっくりですた。


水樹奈々 ベストアルバム 「THE MUSEUM」初回限定版
ライブもすっかりと終わり大分時節をはずしてますが
そのあたりご容赦をいただきたい。

シングルを実は全部持ってる俺としては
WA5のED曲である新曲Crystal Letterと新録のTANSMIGRATION 2007ぐらいが
目当てで買ったのでした。

いやね、白状するとね。
ぶっちゃけゆかりんよりもファン暦だけなら長いわけなんすよ。
パルフェやノエルのあたりで既に追っかけてたわけですし。
でもその長い歴史の中にゆかりんという超新星が誕生して
このわたくしめの人生は一変してしまうわけですがそれはまた別のお話。

で、新曲2こ。
虎舞2007は・・・や、何も言うまい。
ライブの方はちゃんとした虎舞だったんだ! それだけでいいじゃないか!
反対にCrystal Letterは超絶絶賛の方向で。
聞いてるうちにライブのあの演出思い出してちょっと泣けてくるし。
思わずWA5をプレイしてEDでしかkりと聞きたいとすら思ってしまうぐらいに名曲です。

付属DVDも全てはCrystal Letterのため。
粉雪の中幻想的な雰囲気が見てるとライブをこれまた髣髴とさせます。
それぐらいにライブでのクリレタは神がかった瞬間でしたなぁ。
やっぱり奈々ライブのNo.1と言えるのかもしれんね、横アリライブは。

新谷良子 裏☆ベストアルバム 「THE GREAT BAMBI POP SWINDLE」
まずジャケットで騙された(笑)。
『裏』って意味をジャケットにまでかけて来るんだもん。うまいっ。

タイトルのとおり、主にシングルのカップリングを集めたアルバム。
こうすっとゴーストとか迷い姫ぱにっくがあったりする一方で
ヒッパレ194のErectrical Sessionsが入ってたり
恋の構造の青春エレクトロパンクMIXが入ってたりと
まさに裏って感じにごった煮状態です。

しかしWonderstoryのライブVer.を入れるのなら
ヒッパレ194もライブVer.も入れて欲しかったなー。
まぁDVD見れば聞けるけどね・・・。

DVDはなんつーかFC限定ライブの模様が少なすぎ。
もうちっと入れてくれても。
つか収録時間の少なさはりょーこの胸元で我慢しろと言うことでしょうか(苦笑)。

灼眼のシャナ 14巻(電撃文庫)
ネタバレいきなりすると、悠二がついにラスボス化でした。

ついに終わる日常。
でも結局悠二がシャナと一美のどちらをとったのかはわからずじまい。
そこら辺は最後に明かされると言うか最後までぼやかして終わるというか。

それにしても、長い長い伏線でありました。
思えば4巻ぐらいからこのための伏線があったように思います。
シュドナイが戒禁くらったあたりから、かな?
銀の炎を出してからは確定的でしたしねー。

壊刃サブラクの対決とか色々ありましたが、
最後の蛇の祭礼復活で全部すっとんだって気分。
こっから2~3冊でまとめに入るんですかね。
【2007/02/18 20:24】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
今年のバレンタイン。
ええ、もらいましたよ。
ゆかりんからのチョコレートをねぇ!

親にはものっそい見られたけどな。


チョコレート・フォトスタンド・ミニタオル・マフラー・ストラップの
合計5点セットをFCよりゲット。

残念ながら直筆メッセージも直電話も両方はずれたようですが
まぁ仕方ないかな、と。
だって倍率100倍ぐらいだし・・・。
チョコセットの限定1000人に入れただけでもよしとするか。

昨日は徹夜仕事で職場に缶詰だったため
やっとチョコを一日遅れで受け取れたわけですが
不在連絡表とかうけた。

『田村ゆかり様からのお荷物』って(笑)。

不覚にも不在連絡表で既にときめいてしまった瞬間でした。
あとはダンボール表面の「遅くても早くてもダメ!」の時間指定とか。
時間指定については申し訳ねぇって気分でいっぱいでしたが。

次にゆかりんに会えるのは4月1日のリリパⅢなんだなー。
早く来ないものだろうか。
その日を待つ心で、ゆかりんからのチョコレートを食べる本日の夜なのです。
【2007/02/15 21:56】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
NANA MIZUKI LIVE MUSEUM 2007 in 横浜アリーナ
会場がでかすぎて、これぐらいしか撮るものが。


さ、つーことで早くも今年最初のクライマックスなライブでした。
ちなみに今回は飼い主じゃない人を拉致しました。
まぁ、こういうこともあるもんさ。

<開演まで>
一応物販のペンライトとタオルは買っとこうと思ったので
13時に現地入りし、物販列に並びました。

ゆかり王国とかに比べたら、やっぱり奈々の物販はハケがいいね。
窓口の量が違うってーのと、
グッズをスタッフさんが袋に入れないってところで大分短縮してるんだろーなー。

グッズ買った後は近くのイタリア料理店でまったりと食べながら
会場に向かう人物をちゃーして楽しみました。
特にコンプリートセット(44500円)を持ってる勇者には
やはり騒がずにはいられなかったですよ?(笑)

15時開場のため、そのぐらいに入場列に再び並びゆっくりと会場入り。
座席確認すると・・・なぜか夏に続いて今回も通路前席。
いくらでも跳べちゃうぜ!
まぁそのために後々スタッフに静止されてしまうわけですが(ぉ

横アリ内は2ヶ月前にも観光したけど、
今回もちょこちょこと歩いて探索。
特にKOTOKOの時には封鎖されてた3階席見てきたよ。
あれはスターダストしたら死ねる高さだなぁ。よく生きてたもんだ。

グッズ列が凄かったらしく、開演は20分以上押したとのこと。
どうりで待ってる時間がやたら長いように感じられたわけですね~。
奈々ちゃんの会場の反応を見ながらの注意アナウンスが流れて、
16時20分ごろ開始でしたッ!

<開演後>
4時間はゆうに超えると予想されてきた長い長いライブ。
その幕開けとなったのは、
「Tears' Night」!!
タメ跳びしまくり! のっけからフルアクセルだな!
冬にこそ似合う曲だからこそ、あったらいいなとは思ってましたが
まさか一発目で来るなんて・・・!

続けて「TRANSMIGRATION 2007」
やっとライブで聞いて跳べました~!
ひそかに練習してきたマワリ後跳びの成果が発揮された瞬間でしたッ。
奈々曲では初期の歌のため、珍しく警報+PPPHがあったりするのもまた
盛り上がれる曲の要素となってますねぇ。

2曲畳み掛けたところで一回目MCへ。
うっかり夏のファイナルで言ってしまったために実現した
史上最大最長ライブとのことでした。
いやいや別にどれだけでも! と思わなくもないですが。

3曲目は「パノラマ-Panorama-」
アップテンポではありますが
ちょっとは休憩できるポイントのある曲が来てくれて助かった。
や、間奏とか飛び続けたけどさ。

お次に「Nocturne-revision-」
上げたテンションをすこーし冷ますかのように
ミディアムテンポな曲へ。
まぁ先は長いですから。

・・・と思っていたら、
5曲目に早くもクライマックス到来!
奈々ちゃんがステッキを手にしてブラスバンド集合!
1万人越えで「ミラクル☆フライト」開始ッッ!!

こんな序盤からもうミラ☆フラ!?
どれだけやんの今回は!?
などと不安を感じつつも全力全開でクラップにPPPHに腕振りとしてみました。
しかし皆リウムしまおうぜ~。ミラ☆フラはそういう曲だよ~。
まぁ周りの雰囲気に負けて2番からリウム使っちゃったけど。

ミラ☆フラで出てきたブラスバンドな方々がそのままに、
続いて「Violetta」
夏のツアーでやらなかった5thアルバムの曲でした。
このために取っておいたのだろうかとも思えましたよ。

Violetta終わって衣装替えの間に怪しげなDJ(笑)によるラップがあったりして
またまた来たよークライマックス!
「still in the groove」
休憩した分だけ跳んで跳んで回転して跳んだね!
虎舞にしろステグルにしろ、初めてライブで跳べたことだけで幸せですね。

ステグルで盛り上がったところでクールダウン。
「それでも君を想い出すから」
メモオフ曲ですよ~。今回もメモオフ来たか~って感じでした。

さてここでMC2回目。
カレーミュージアムの話題が来たときにはもう、
予定を変更しないでいっときゃあよかったなーとちょい負け犬気分でした。
でもラーメン博物館とカレミューが混ざってたよな(苦笑)。
あとで公式ブログ見たらそのことについてて触れてたのが受けた。

中央の踊り場に移動して、
お待ちかねのアコースティックコーナー。
アコースティック1曲目は「光」。珍しいところ来たなぁと。
でもアコースティックになったら抜群にいい曲になりましたな。
あれ、シングルカットとかしないだろうか。

2曲目は「水中の青空」
これまた懐かしい曲がアコースティックで登場。
2番サビの「会いたくて×3」の部分がめっさ好きでねぇ。
その昔何度も聞いたものです。
ちょっと聞いてるときに泣いちゃったのは秘密。

アコースティックが終了し、2回目の着替え。
そして唐突にスクリーンに幻想的なPVが流れたと思ったら
あのイントロが流れ始める!
そう!
「Justice to Believe」!!

この瞬間に赤リウム発動!
青に染まっていた横浜アリーナが一瞬で赤色に埋め尽くされました!
見ていて非常に美しかった~。
演出でBirthでおなじみの炎が吹き上がったり
挿入歌のMUSEUM STYLEバージョンで間奏に剣戟あったりして見所満載の曲でしたね。

JtBのアカイキオクで感動してもまだ止まらない!
さらに「ETENRNAL BRAZE」!!
ここではUOを発動でしたー!
異様なまでのUO発動率にも感動した。
やっぱエタブレにはUOだなぁと思ったね!

そしてクライマックスはおわらない!
13曲目の中盤にして早くも「SUPER GENERATION」
ここら辺はマジで跳び続けて大変なことに。
まだまだの道のりだってのに既にハイライトな曲が連発で
ペース配分もあったもんじゃないって気分で跳びまくり。
あと中央からのゴンドラでの移動とかめっさ驚きました。
演出も凝ってましたね~。

後ろに移動してリス耳装備したりしつつ
まだまだクライマックスが続くのですよ「アオイイロ」
ここは跳びまくりつつもPVで練習したサビの振り付けミラーではしゃぎました。
BメロのPPPHはなかったけどね・・・。
横のことなんか考えずに振り付けしまくりで楽しめましたがッ。

クライマックス続きだったのでここらで休憩タイムと
MC3回目。
リス耳を付けてみました~とか。
他にもダンサーさんが動物系の耳付けてたそうですがよく見えなんだ・・・。

そして15曲目は、久々の、俺にとっては初めての、
「アノネ~まみむめ☆もがちょ~」
1万人オーバーでもがちょダンスッ!!
ある意味2ヶ月前のキュンキュンタイムに匹敵するバーストっぷりをしました(笑)。
ここでもマワリして跳んで合いの手入れてと忙しくやっちゃいました。
外周部分を奈々ちゃんが歩きながらのもがちょだったんで
結構近くで見れたのがまたテンション上げまくった要因かも。

あまりに嬉しくて、もがちょで跳びまくってしまった。
・・・なのに次と来たら、「POWER GATE」ッッ!!
もう奈々ライブにおける最高のクライマックスがッッ!!!
UO折って肉体の限界を感じながらも振り払うようにして跳びました!
あとは最後までぱわげーと叫んで大満足だ!

パワゲーで燃え尽きた後は、
チェリーボーイズが担当楽器シャッフルして演奏する
チェンジボーイズなんてネタを挟みつつも
お着替えして17曲目「Heaven Knows」
これはあまり跳ばない曲なので助かりました・・・。
つーかここでも跳び曲だったら死んでたかもしれぬ・・・。

チェンジボーイズにインタビューしたりしつつ
MCでベストアルバムの話題へ。
そして流れる「Crystal Letter」
中央踊り場で舞台が上がっていき、
舞い散る雪の中で歌い上げられるクリレタは非常に幻想的で
なんだか聞いてるうちにこれまたちょっとばかり涙が出ました。
歌声に想いが込められまくってましたよ。

クリレタにひとしきり感動して、
その後に今度のニューシングルの話題へ。
なのはStSのOPとシャイニングウィンドのOPです~ってことで
これは普通にシャイニングウィンドの方ですよねぇ・・・などと思っていたら、
出来立てほやほやというなのはStSの方が来ましたよ!
来たよこれ! 奇跡が起きたんだ!!

曲名は「SECRET AMBITION」
奈々作詞にふさわしく、なのはのストーリーと想いをとらえたいい歌詞を
久々の志倉曲でお送りする新なのは!
早くOP画像付で見たい~。
強くそう思わせられるような、力強い歌でしたッ。

なのは新曲お目見えをしたところでまたもお着替え。
今度は後ろの方から登場してまたしてもクライマックスへ突入!
まずは「suddnly~巡り合えて~」
これまたライブ初体験じゃあー!!
回転して跳びまくりでしたよ・・・最高やでサドンリ・・・。

続いて「The place of happiness」
これもまた初めてなんですなー!
ここら辺が一番腕痛くなった部分でもありました。
凄まじい構成だぜ。

3発目として「WILD EYES」
実はこの曲でちょっと疲労が出てました。
まーそれでも楽しく途中まで跳んだけどさ。
でも曲後半は疲れて跳べなかった・・・悔しいデス。

クライマックスタイムが終了したところで、
突然のお手紙コーナーが。
奈々のおかんからの手紙でした。
これはもう・・・・破壊力がありすぎて。
ライブに来てマジ泣きさせられるのは本当に久しぶり。
ずがんと想いが心に響く、素晴らしい瞬間でした。

その流れのままにラスト曲「ひとつだけ誓えるなら」
手紙の後なだけに、ここでも涙が出てきました。
こうやって曲に大切な想い出が作られていくんですねぇ。

バンドメンバーが全員帰ってから
奈々ライブにしては意外とそろったアンコールがあり、
アンコール突入。

EC1曲目は「残光のガイア」
割と個人的にはびっくりな選曲でした。
まぁびっくりしても跳びまくったけどな!
サビのいえぇぇぇ! も叫んだし、やりつくしたね!

アンコール恒例のシャーッス!×2をやって、
初めての方のためのシャッスの生まれを紹介。

EC2曲目は「New Sensation」
外周を練り歩きながらのNew Sensationで
ボール投げを見てるだけで結構楽しかったですわん。

EC3曲目についにタオル曲「PROTECTION」
・・・ダメでした(涙)。
あーやっぱタオル曲はムズい。
更なるクンフーを積まないといけないなーと痛感。

アンコール終了して、もう一回コールして、ダブアンへと。

ベストが出たからには来るだろうと思ってたけど、
まさかダブアン曲にするとはな~。
WEC曲はデビュー曲の「想い」
これは本当に懐かしい曲。7年前ですよ?

想いを歌い上げて、スタッフ総出でご挨拶。
・・・って、ステージからはみ出るぐらいにいた(笑)。
5~60人はいました。人多過ぎ(笑)。

大人数での挨拶&ウェーブやってから
奈々ちゃん一人で会場全部を歩いてゆっくりとありがとうをして、
最後に皆でパワゲをアカペラ熱唱。
なんでみんなアカペラなのにPPPHいれるか(苦笑)。
まあ俺も入れたけど(笑)。

ラストにかかってこーい! でいつも通りに締めて終了~。
3本締めもちゃんとやりましたしね。
全部で28曲にて終わりでした♪

<感想とか>
今までで一番の奈々ライブでした。

いやーもう。エンターテイメントに溢れてるライブでしたよ。
とにかく2~3曲に一回はクライマックスが来て
暇を感じるいとますらもらえずに跳びまくりの4時間半でした。
剣戟・雪・ゴンドラ・炎等などの演出面でも飽きさせなかったし、
これがちゃんと考えられて作られたステージだなぁとひとしきり関心させられました。

今回はベストをひっさげてのライブだったので
シングル中心の構成だったのがまた嬉しかったな~。
特にサドンリやステグルといった
今までライブで経験できてなかった曲が聴けたのがなによりも感動でした。
もちろんもがちょや虎舞も嬉しかったけどね!

熱く跳び、感動し、涙して、
あっという間に感じられた4時間半。
大変大変素晴らしかったです。
実に最高の時間を過ごさせてもらえましたよ。

あと今回の同行者であるをつ子さんにもこの場でも感謝を。
なのは新OPは飼い主といったのでは感動を分かちあえなかったわ(苦笑)。
どうも、ありがとうございました~。
【2007/02/13 21:48】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
栗林みな実 1st Tour 2007 fantastic arrow in 東京厚生年金会館
大変こちらではお久しぶりです。
更新しない間に49日があったり生ラーメンズあったり
妹が結婚するとか言い出したり色々あったわけで。

でもそれはおいといて、
今年一発目のライブ行って来ましたのですよ~。

何回もこのアングルで撮ってるような。


飼い主を拉致して今回も参戦。
東京厚生年金会館は非常に新宿駅から遠いため
えっちらと歩きましたともええもう。

栗の子なんでさらっと。
まずはセットリスト。
例の如く2chから転載させていただきました。


1.fantastic arrow
2.Shining☆Days
3.翼のPleasure Line
4.ココロノカケゴト
5.ある冬の日の午後
6.硝子の小瓶
7.ふたりきりのプラネタリウム
8.boyfriend
9.遠い夏の日
10.innocence
11.桜の花が咲くまえに
12.桜の光の中で
13.人魚姫
14.affection
15.Yell!!
16.マブラヴ
17.アプローチ
18.Crystal Energy
19.絆
EC.Rumbling hearts
WEC.Precious Memories


まぁ後ろのヤツラが異様に盛り上がりすぎとか
中盤のまったりっぷりはKOTOKOを彷彿とさせたとか
そもそも栗の子のMCがやばすぎ(笑)とか
思うことはありました。
でもおおむね楽しかったかな、と。

affectionからの終盤跳び曲ゾーンに入ってからは
こっちもテンション異常に上がっちゃって
奈々ライブのために控えるとか忘れて跳んだ部分もありました。
やっぱり後退のネジをはずさないとライブはできないね。

目標だった生で聞くらんぶりんぐはーつでコールも入れられたし
大体やりたいことが出来たため満足ッ。
【2007/02/11 16:33】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
近くて遠い明日。


CALENDER
01 | 2007/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
RECENT ENTRIES
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in アイプラザ豊橋(10/24)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in パシフィコ横浜 国立大ホール(二日目)(10/23)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(二日目)(10/06)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(一日目)(10/04)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 仙台サンプラザホール(09/28)
  • RECENT COMMENTS
  • チェリー(10/07)
  • をつこ(07/08)
  • 飼い主(03/04)
  • ぺっと@管理人(01/24)
  • あらやまつみ(01/24)
  • 秋田の人(06/15)
  • かいぬし(05/27)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 魂は永遠に彷徨う(声優とアニメの情報ページ):11/10 本日の声優、アニメ情報(11/10)
  • 気になるキーワードでブログ検索!:【Animelo】についてサーチエンジンで検索してみると(09/02)
  • ARCHIVES
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (3)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (4)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (7)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (6)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (12)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (17)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (19)
  • 2006年02月 (22)
  • 2006年01月 (17)
  • 2005年12月 (19)
  • 2005年11月 (16)
  • 2005年10月 (24)
  • 2005年09月 (15)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (14)
  • 2005年06月 (20)
  • CATEGORY
  • 同人 (4)
  • イベント (89)
  • その他 (56)
  • アニメ (110)
  • マンガ (43)
  • ラノベ (31)
  • ゲーム (24)
  • 未分類 (1)
  • LINKS
  • 田村ゆかり公式ホームページ
  • 黒うさぎの小部屋
  • SEARCH

    PROFILE
    ms_ki
  • Author:ms_ki
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。