スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
博多に行けなかったアンダードッグです。
次のツアーに福岡行きますから、それまでお待ちください。
あと名古屋も行くよなぁ。
残るは秋田県ですが・・・秋田でイベントないし・・・。

そういや珍しく秋田の偉い人が俺のフィールドに入ってきたのでちょっと。
アイマスアニメ化、実は始まるまで沈黙してようと思ってました。
だって原作ゲームファンなのに『現時点では肯定』なんていう異分子だから。

いや、キャスト変更とかそもそもロボットアニメになるのかよ! とか
改変に言いたいことは山ほどありますが
ゆかりんとほっちゃんが競演という
このご時世においてやまなこ復活! との大ニュースに不満がかすみます。
伊織と雪歩じゃからみは少ないかもしれませんが、それでも・・・ッ!

企画をたらいまわしにした挙句サンライズ第8に渡しちゃったら
『これは僕たちの好きにやっていいってことですよね?』等と
宇宙からの電波でも受信したような好意的解釈をなさったために
今の事態が発生したというウワサを聞きましたけどね・・・。

ま、売れるものを作るという流れはもう種ガンで味わってしまい諦めましたから。
というかこんなものスタチャの商業主義に比べたらかわいいもんです。
ネギま! とかおとボクとか、更なる領域を知ってるので
これぐらいではもはや腹を立てようとも思わんな。

・・・という感じの愛玩動物的意見でしたが如何ですかね?

次のネタもちょろっと上に入れてみる。


ねこバス亭 冬コミセット
1週間してやっと通販届いたー。
昔のとらだったら2週間ぐらいかかったもんですから、
それを思えば早くなったものですね。

ド○ジャラ付で購入ッ。
・・・なのですが、実は3セット揃わないと遊べません。
なので現時点ではただの同人アイテムにすぎねぇー!

誰か2人購入して一回でいいから俺を遊んでくれないものだろうか。
主に飼い主とか。
スポンサーサイト
【2007/01/21 19:30】 同人 | トラックバック(0) | コメント(2) |
珍しく更新するよぉ~。
Q.なんで最近ラノベ大量に読んでるのん~?
A.ゆかりんのライブが終わってトレーニングの時間が浮いてるからだよ。

楽しかった時間と引き換えに、なんだか寂しい空白が。
それを埋めるようにしてここ2週間積んでた本を消化中。
サモナイ4はどうしたとかは禁止!




”文学少女”と死にたがりの道化
”文学少女”と飢え渇く幽霊
”文学少女”と繋がれた愚者

一気に消化してみました。

このラノベ、毎回のテーマがありまして。
『文学作品をモチーフにしたシナリオ展開』と『愛憎劇』が
必ず盛り込まれております。

この、一見すると硬くて読みづらくなるようなテーマですが、
なんとこれらが文学少女こと遠子先輩とあわさることによって
あっという間に読みやすくて歯ごたえのある文章に変身します。

主役である遠子先輩が語り手である心葉と組んで
重たくなってしまうシナリオの中で縦横無尽に活躍して
最後はかっこよく物語の薀蓄とともに事態を収拾する。
この黄金パターンが素晴らしくよいのです。

3作ともモチーフに即した展開にしつつも
オリジナルな結末にたどり着くため割とミステリ的な要素もはらんでおり、
題材によってはミスリードさせられてううーんとうならさせられたりもして
実に良く出来ていると感心させられます。

まぁ難点と言えば題材がちょっとアレなんで、
スポットが当たる登場人物たちの精神がナニなところでしょうか。
あんまりまともなキャラ、いないよね・・・。

続きの4巻からいよいよ心葉の過去に肉薄する展開になりそうで、
ますます落ち込んでいきそうな感じですが
面白みはなくさないであろうと信じてますので。
楽しみですね~。
ただ、4巻以降ツンデレの琴吹さんの出番が減りそうでイヤだな・・・。
殺伐としたお話の中で唯一輝ける瞬間だというのに。
【2007/01/16 22:06】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
1週間ぶりになります。
今年は更新頻度を上げていきたいところですが・・・。

マリ姉つながりのモノでいってみました~。


ゲームセンターCX DVD-BOXVol.3
すぅ~りぃ~が発売されてました。
うん、実は冬コミのあたりに買ってました。
そして飼い主のうちで半分ぐらい見たような。

忍者龍剣伝のディレクターズカット版もよかったけど
特典映像のツインビーが面白かったのが収穫ですかな。
イノコMAXがちゃんとネタとして面白かったというのもあるけど、
フツーに挑戦してて楽しめました。
マイティボンジャックには及ばないですが、こちらも十分素晴らしいです。

しかしツインビーですか・・・。
俺の中でツインビーと言えばツイパラで、マリ姉との思い出に繋がります。
なんかもーあの頃のマリ姉はKONAMIとがっちりタッグやったー(遠い目)。
おたささことおたっきぃ佐々木とかいたねぇ。
思えばあの頃がマリ姉の絶頂期でした。
かの名曲「Twin memories」が生まれたのもツイパラ関係でしたから。

Beeメイツは公園で終結して日曜日に『合言葉はBee!』などと叫ぶ
今だったら否応なくVIPPERにさらされまくるような風習が存在してましたが、
俺が本格的にマリ姉にはまってた時期には終結してましたし
そもそも片田舎ではそんなひとを見かける機会もありませんでした。
けれど、マリ姉のライブでは2002年ぐらいまで3本締めした後会場内で叫ぶとゆー
時代に逆行した習慣があったこと、今でも懐かしいです(笑)。

まぁ、ツイパラはおいといてもDVDは楽しめました。
この値段で7時間見れるのは嬉しいッ。

Kanon DVD1巻
京アニ版のKanonのDVDが出たよー。

オーディオコメンタリーはまだ聞いてませんが
やはりこの画質クオリティは異常。
雪とか、描くことにどれだけ君たちは執着してるのかと聞きたくなるよ。

でも見てると真琴が元気に動いてるので
ちょっと辛くなります・・・。
DVD溜まってから、まとめてみようかと考えてたり。
【2007/01/15 21:24】 ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
うちの猫がいなくなったり…。
天国に召されまして。
悲しいなぁ…。8歳でしたがもうちょっと生きられたような気がしないでも。
病気だったから、仕方ないといえばそうなんですがね。
でも玄関開けてももう出迎えに来てくれないのはマジに寂しいです。

文章の感想書くの久々な気がする。


・Fate/Zero 1巻
今更感は否めませんが、フェイトゼロの感想でも。

結末はたとえ悲劇とわかっていても、
それでも高揚感を抑えきれないような熱さがある内容でした。
シナリオ的には先がわかっているからこそ泣けてしまう部分や
逆にわかっているからこそ今後の展開が非常に気になったりする部分があって
ちくしょう面白すぎて結末だけわかってるけど過程が気になって止まらねぇぜ! って感じ。

今まで描かれなかったイリヤの母親にして切嗣の妻だったアイリスフィールとか
名前だけ出てた征服王イスカンダルとか
ちらちらっと設定だけ出てた人たちがまた魅力的ですが、
なんといっても僕らの慢心王ギル様がかっこよく活躍なされてるわけで。
セイバーさんのハートなんて眼中にもないギル様が最高です。
そのまま最終戦までいって欲しいもの。

時臣もいいしランサーもいいし、このままTYPE-MOONの次回作として
フェイトゼロをゲーム化してくれないだろうかと
読みながら本気で考えてしまいました。

切嗣という人物が何を想って聖杯戦争へと挑んでいったのか、
そして聖杯が現れたときに何を感じたのか。
それは4巻まで読んでみないとわからないでしょうから、
今から既に4巻までの発売を楽しみに待ってしまいます。

・ゼロの使い魔 10巻(MF文庫)
まぁ個人的には「ええー?」って気分な中身でしたが…。

タバサ助けたりエルフの魔法が初めて炸裂したりした巻でしたが
いまいち読んでて盛り上がらなかったような。
タバサの冒険にからめてシルフィードも正体をさらしちゃったけど
うーんという感じで終わりましたがいかが。

結局のところ、
9巻の後半であれだけやったアンリエッタ姫とのフラグ立ても早々においとくことにして
タバサ解放を先にすましちゃうもんだから
なんとも疑問符が取れなくなるんでしょう。
おまけにタバサまで才人へのフラグ成立っぽいし。
そんなのでいいのか。ラノベだからありといわれればそこまでだけども。

マルコリヌの激昂とジョゼフ王のお話はよかったけど
全体的には微妙という感想でした。
どうも7巻の単騎特攻をピークにして俺の中で下降を始めているような。

・とらドラ! 4巻(電撃文庫)
今月の電撃はこれだけかなー。
護は最終巻まで残すところあと3冊らしいので、
完結してから読もうなどと考えている軟弱ものでございます。

で、とらドラ。
別荘の話だけどどーせいつも通りだろう…と、思っていたのですが、
意外や意外。
ここにきて実乃梨と竜児の間が一気に進行したんですが。

今まで俺の中での解釈では
実乃梨は竜児のことを『親友の好きな人』とゆー認識だったし
そういうキャラ付けされてたから本筋にあんまり絡まずに
サブキャラとして動いてたと思ってたんですけど
なんだか割と脈があるみたいな展開になっちまったような。

まぁ大河とのお話を進める上では
亜美じゃパンチが足りなかったからここで竜児の本命を動かして
ストーリー的にステップ踏んでいくのはよくわかるんですが
結局実乃梨はどうすんだろうか、とか思ったりしました。
俺の中では大河の真意に気付いてるはずなんだけどなぁ…。

まぁその分シリアス分が多かったというか
竜児は3人全員とフラグ立てまくりかよ! と思ったり(苦笑)。
亜美も本格参戦したし、大河は相変わらずべったりだし、
そして北村はもうわけがわからんキャラに(笑)。

しっかし太陽と月の例えはよかったなー。
つまるところ一緒にいて安らげる相手が一番側にいて欲しいというのは
なんとなくわかるなぁ、と感じました。
そしてそれがそのまま竜児と大河の関係に繋がるのがまた上手い。
あと幽霊の例えもよかったかなと。
今回は比喩が結構面白かったですね。

で、夏休みを経て微妙な関係になりそうな
竜児と大河の次のお話を早く読みたいのですが
5巻はまだですか~?(早すぎです)
【2007/01/08 22:01】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
今年もよろしくなのです。
まぁ喪中のため特にあいさつはしませんが。
昨年は田村ゆかりに全てを注いだ年でしたが
本年にあってもよりいっそうの努力と熱意でもって
今まで以上に自分らしく進んでいく予定です。
なので引かずにお付き合いのほどよろしくお願いしますです。

さて年始の挨拶は時節を完全にはずしてるため
これぐらいであっさりと終わらせるとして。
この同人誌だけはおすすめしとこう! と思ったため
思わず書いております。

魔法少女リリカルなのはA's同人誌、「A.C.E」




これは本当に面白いと言えるわけでして。

初版が発売されたのは昨年の6月頃ですけど
やっと昨日の冬コミで買えたので思いっきりおすすめしてみる。

なのはA'sの後日談的オリジナルエピソードの本ですけど
とにかくバトルの見せ方もシナリオの作り方も上手いと思ってしまう本でした。
なんというか、読み終わった後に「ああ、いい『なのは』読んだなぁ」と感じられるような
実にリリカルなのはらしさがある同人誌ではないだろうかと。

なのは世界のキャラはとにかく全力全開でぶつかり合って
拳を交えることによって互いの気持ちを理解するような
ガンダムファイターのような人種がいっぱいいるため
すれ違いから分かり合えるうことまでをバトルによって表現できるわけですけど
そのさじ加減がちゃんとしてるから面白いと思えるんだろうなぁと
個人的に読んだ後に思いました。
ただぶつかり合って終わるわけでもすぐに和解するわけでもなく、
最後の最後、限界まで一歩も譲らないのが実になのはらしいじゃないですか。

あとオリジナル技がくどくない上にかっこいいのがまたいいかな、と。
こういうバトル方向に寄ってるなのは同人では
必ずといっていいほどオリジナル技が出るけど
ちゃんとこういう技もあるかも、と思えるようなところがまたベネ。

現在とらのあなの通販在庫が大変怪しくなってましたが
原作補正を抜いても本当に面白いと言える同人誌は結構珍しいので
非常におすすめさせてもらうとともに機会があったら読んで欲しいですね。

そしてこれの次にあたる「A.C.E/02」が2月のサンクリで出るとのことで
ものすごーく期待してます。
ホントは冬コミで出る予定でしたがフツーに延期しちゃいましたから。
ただ問題はどうやって購入するか、なんだよなぁ・・・。
【2007/01/03 21:57】 同人 | トラックバック(0) | コメント(0) |
コミックマーケット71レポ ~さっすがユーノ君、わっかりやすい!~
今年は3日間ともいい天気で僥倖でした♪


家に帰ってレポを書くまでがコミケでーす(ぇ
まぁ生産性も販売力もない俺にはこれぐらいのモノが限界だしね。
なのはA'sを垂れ流しながら書いております。

しかしなんということか。
12月23日はゆかりんと過ごしたというのに
29日からコミケにいってました。
財力がぴんちっ。

<12月29日(1日目)>
TYPE-MOONのブースでした~。隣のなのはブースにも見習って欲しい作りですよ・・・。


というわけで1日目なわけでしたが、
前々日は徹夜仕事で前日はそのまま宴会、しかも外は大雪。
そのため8時に起きて有明には14時入りしました。
もうね、声優島とかチェックしてないから回らないのね。
ふぬけたのね俺。

一足先に現地入りしていた飼い主と14時ぐらいにそのまま合流して
まったりと企業をまわりに。
葉っぱはもはや絶望的なまでに列が伸びていました・・・。
昔のTYPE-MOONみたいでしたよ・・・スロープ下まで伸びてたし・・・。

早々にLEAFの画集をあきらめてなのは列へ。
実は買いたいものなんてなかったけど
購入者にStrikerSの告知手渡しがあるというので飼い主を巻き込んで列に参加。
相変わらずなのはんところのスタッフはレベル低いですが
30分ぐらいで買えたので文句はいうまい。

ついでにTYPE-MOONも・・・と行きたかったのですが
なのは並んでる最中に完売したのでなし。
他にはなにも用事ないからなのは終了時点で有明離脱決定し、
15時ぐらいにはもう離脱完了しました。

だってねぇ。特に企業で見るものもないし。
まぁアイマスTVアニメのPVとか見にいっても良かったけど
人いっぱいの中で見ようという情熱はないしなぁ。

で、いつもならここでアキバ寄ったりするんですが
飼い主も俺も疲れてたんで
新橋でテキトーに遅い昼飯食べた後は
さっさと雪谷まで引き上げて休憩してましたとさ。
正確にはラーメンズ見るとか蛙男劇場見るとかそんな感じ。

<12月30日(2日目)>
1日目に飼い主がTYPE-MOONで買い物完了していれば
なんの用事もなかったのですが
残念ながら前日に目の前で完売してしまったため
あんまり気乗りしないままに有明入り決定。

でもやる気がないためにものっそいダメ時間でした。
新橋に9時半にいて有明着が10時。
そして列に並ぶのがめんどくさいと
そのまま有明で朝食してからゆっくりと会場入りしました。
うわ、ふぬけた。俺ってば蝶ふぬけた。

しかし10時半になったら列規制は全部解除されてたんで
特に被害をこうむることもなくとっとと企業にいけちゃいました(苦笑)。
なんつーかさ、もうコミケに早朝から来る意味ってないのかもね。
若さと情熱さえあれば早くから来るんだろうけど・・・。

TYPE-MOONは2時間ぐらい並んだらフツーに買えました。
一人2限でな!
ちくしょう、昨日2限だったら2日目にトキカケ見れたのに。
ちょっとだけ悔しかった瞬間。
並んでる最中のコスプレギャンがかっこよかったから別にいいけどさっ。

TYPE-MOONでげとした後はダメ元でスタチャブースにいって
聖天使ユイエルのCD買いに行ってみました。
限定500枚だしダメかなーと思ったら、ありやがんの。
しかも待ち時間ほぼなし!
コミケってこんなぬるいイベントだったっけ?

13時頃に全部終わっちゃいましたんで
頑張ればトキカケ見れたかもしれなかったんですが
そこは疲れている俺と飼い主。
すぐさま雪谷に退却しました。
もう頑張れないお年頃なんかね・・・。

少し雪谷で休憩したら
飼い主が翌日お世話になるサークルさんの方を含めて
雪谷周辺住民による食事と飲み会開催。
ええ楽しく過ごさせていただきました。多謝。

・・・でも、なんだか俺が知ってるコミケって感じのスケジュールじゃないよね。
俺のコミケって2日目の夜はサークルチェックで夜がふけていくはずなのに
もうどうでもいいかーって具合にほったらかしで過ごしました。
飼い主との分担の相談もしなかったし。
俺酷いやっちゃ・・・。

しかも飼い主宅に戻ってからは
忙しそうな飼い主ほっといてさっさと寝たし。
これでいいのか~。

<12月31日(3日目)>
さて、今回もメインのお時間ですが
6時半に起床して8時15分から有明で並びました。
それでも、

10時20分には会場に入れてました。

いやマジで。
もう起床時間が既に昔の俺とは比べ物にはならないぐらいに遅いのですが
それ以上に早く並んでも特にご利益がなくなってきれるのが寂しい。

そういや今回は飼い主がサークル入場しちゃったため
2年ぶりに一人で入場列に並びましたが
トイレに簡単にいけない待ちがこんなにも辛いものだということを思い出しました。
昔の俺は朝の6時から10時半ぐらいまで一人でずーっと過ごしてたんだよね・・・。
自分のことだけど、信じられねぇ。

会場に入ったらなのは中堅をまわって
そのあといいだけなのは同人を絨毯爆撃。
でもレズエロと肌に合わないものは除いて買いました。

で、なのは終わったら壁に邁進。
一部飼い主にお願いしてあったため
すげー並ぶところはなしで普通に15分ぐらい並んだら大体買えた。

一回飼い主が売り子してるところに顔出してピットインしたけど
ほぼフル活動で壁の後はTM系→葉鍵系→エロ畑→東方→もう一回なのはと
ゆっくりとしたペースで14時ぐらいまでまわってみました。
資金が尽きたため飼い主にお断りを入れてから有明離脱。
もうふぬけた俺は今回こんなのばっか。

まぁ離脱したあとで蕎麦とか天ぷらとか
雪谷に空前のメテオスブームが到来(笑)とか
色々あったけどコミケ関係はこれにて終了ッッ!!
そして年明けは飼い主のうちでまったりとでしたー。

<感想とか>
このノコギリ、すすけたよなー。時間が流れたということを痛感させられてしまいます。


今回はとにかく23日にあったゆかり王国の式典で体が崩壊していたため
この愛玩動物は頑張る気がさらさらありませんでした。
もうふぬけです。情熱とか一切ねーです。

でもなのはサークルさんが夏に比べて増えたため
買い物の量が少し前の勢いに近づいた気がします。
まぁ全盛期の頃に比べたらまだ少ないけどさ。
資金尽きてもまだなおなんとかできるんだしさ。
昔は福岡の偉い人に会場からの電車賃すら借りたこと、ありましたっけねぇ・・・。


さ、クソ長いですが今回も戦利品を全部ー。

なのはその1。

なのはその2。

なのはと葉鍵。

TM系

TM系とか壁とか。あと島本分。

その他と紙袋。

対比図。恋せよ女の子専用パペットでやってみました。



来年はもうちょい減るか?
もしくはなのはSSで増えるかもしれないしわかんないやね。
【2007/01/01 22:55】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
近くて遠い明日。


CALENDER
12 | 2007/01 | 02
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RECENT ENTRIES
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in アイプラザ豊橋(10/24)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in パシフィコ横浜 国立大ホール(二日目)(10/23)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(二日目)(10/06)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(一日目)(10/04)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 仙台サンプラザホール(09/28)
  • RECENT COMMENTS
  • チェリー(10/07)
  • をつこ(07/08)
  • 飼い主(03/04)
  • ぺっと@管理人(01/24)
  • あらやまつみ(01/24)
  • 秋田の人(06/15)
  • かいぬし(05/27)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 魂は永遠に彷徨う(声優とアニメの情報ページ):11/10 本日の声優、アニメ情報(11/10)
  • 気になるキーワードでブログ検索!:【Animelo】についてサーチエンジンで検索してみると(09/02)
  • ARCHIVES
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (3)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (4)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (7)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (6)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (12)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (17)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (19)
  • 2006年02月 (22)
  • 2006年01月 (17)
  • 2005年12月 (19)
  • 2005年11月 (16)
  • 2005年10月 (24)
  • 2005年09月 (15)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (14)
  • 2005年06月 (20)
  • CATEGORY
  • 同人 (4)
  • イベント (89)
  • その他 (56)
  • アニメ (110)
  • マンガ (43)
  • ラノベ (31)
  • ゲーム (24)
  • 未分類 (1)
  • LINKS
  • 田村ゆかり公式ホームページ
  • 黒うさぎの小部屋
  • SEARCH

    PROFILE
    ms_ki
  • Author:ms_ki
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。