スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今月、ほとんど更新できてませんね・・・。
来月もこんなもんと予想されますな。
ちゃんと生きてはいますが。

恋愛映画などレイプしてくれるわー!


デトロイト・メタル・シティ 2巻(ジェッツコミックス)
クラウザーさんが2度目の書店降臨だー!

今回もクラウザーさんのご活躍がまとめておがめて
まったくもって光栄です! はい!
ゴートゥDMC! ゴートゥDMC!

連載でも毎回クラウザーさんが魔王として大活躍で
文句なぞひとかけらも出てきません!
これからもその帝王っぷりが見れるぜー!
そして渋谷のイベント行きたかった~。

・うたわれるもの 散りゆく者たちへの子守唄
買って来ましたわれものPS2版。
つってもまだ2時間しかプレイできてません。

画集付の初回限定版買いましたが、
TH2の初回と同じ大きさで正直置き場所に困る・・・。
もうちょっと、箱だけでも小さく出来ませんか。

とりあえずまだFF5Aをプレイ中なので追加ボス全部倒すまでおあずけ。
エヌオーまで倒したらわれものやるかな。
スポンサーサイト
【2006/10/29 23:43】 マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
FF5A、神竜とオメガまでは倒しました。
まぁFF5A以外にも色々やってますけど。
ラスボスそっちのけでラスダンでムーバー狩してABPかせぎ
ほとんどのジョブをマスターして従来の隠しボス2体をほふり
今はアドバンス版の追加ダンジョン&ボスに挑戦中。25時間ぐらい?
というか未だにエンディングを見てません。




タバサの冒険(MF文庫)
携帯小説でやってたヤツらしいです。
俺は話だけ知ってるけど読んだことなかったので
今回の文庫本化が初見ですけども。

雪風のタバサがシュバリエとしてどんな任務についてたのかを
実はしゃべれる使い魔のシルフィードを交えて描かれる
ゼロの使い魔のサイド・ストーリー。
とりえあずあれだ、シルフォードは喋りすぎです(笑)。

いやね、これを読んでから9巻のラスト付近の
才人vsタバサを読み返すとグッと来るものが。
どんなに虐げられようと、どんなに酷い任務につかされようと、
我慢して耐えてきたタバサだからこそ響いた才人君の一言だったのですね。
10巻じゃ主役パーティとからまないんだろうか。
これ読んだあとだと、ひっじょうにガリア王国でのタバサのその後が気になります。
ぶっちゃけ才人とルイズの関係よりもな!

シルフィードが喋らないタバサの代わりに話しまくりでしたが
ぜひとも本編で喋る日が来て欲しいです~。

Suara アルバム「夢路」
うたらじ効果で思わず買ってしまったじゃないかぁー!

何べん聞いても夢想歌のイントロで吹き出してしまうのは
どう考えてもうたわれるものらじおの影響ですが
そんなことは隅に置いといて、いいアルバムですよ?

まぁ正直うたらじ聞いてなかったら買ってなかっただろうけど
こうやって出会えたのだからいいじゃないですか。
あとは夢想歌0がいつ発売されるかですね!(苦笑)
【2006/10/22 23:48】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
カブトの迷走が酷いですね。
2話とか、ものっそいドキドキしながら見てたんだけど~。
おかしいな~。




ファイナルファンタジーⅤ アドバンス
あ、こっちでは書いてませんでしたが
DS版FFⅢはちゃんとクリアーしました。
25時間ぐらい? セーブ無しのラスダンはやはりきつかったっす・・・。
そして隠し要素がメール機能によってしか発動しないので
もうラスボス倒して終了したわけですが。

で、FFⅤ。
実はFFシリーズで一番好きなんですが。
ものまねしに『両手持ち』+『魔法剣』+『みだれうち』・・・
これがわたしの強さの秘密・・・。

やっぱこのゲームに限らず、
RPGにおいてレスポンス速度がほとんどないって重要です。
それがしみじみと痛感させられるカートリッジシステムの移植であります。
だってアビリティポイント貯めてる作業だって
ロムの強みであっちゅー間に戦闘して終わるので辛くないもん。
ジアビスとか、辛かった・・・。

昨日買って来てそのまま徹夜プレイでしたが
9時間で第2世界のエクスデス城まではいけた。
ガラフさんちの石像狩ってみだれうちと二刀流は覚えたけど
意外と時間かかんないで2時間ぐらいで覚えました。
その間いたずら黒うさぎを聞いてゆかりんボイスで癒されていたというのもあるけど。

でもこの頃のRPGって、ダンジョン進むたびに胸がドキドキしたもの。
探索しながらも敵に遭遇したらやだなーという
緊張感がなにかしら漂っていたと思います。
ギルガメッシュの音楽が流れてわくわくしたり、ボス戦の音楽で緊迫したりと
たとえシナリオのセリフが拙くてもそこから伝わってくる想いは
確実に子供の心に届いていたと俺は思います。

ということでFFⅢよりも気分が高まっちゃって
やめ時を見失いつつも今日もプレイしてます。
いやウソ。今日は日中仕事してたからやっと今からプレイです。
夜はこれでくれてゆくと思われます。

神曲奏界ポリフェニカ スパーティング・クリムゾン&ストラグル・クリムゾン(GA文庫)
神曲赤の1・2巻は実はゆかりんのツアー福岡の帰りに
マルキド博士の前で買ってました。
そして帰りの新幹線で全部読んでました。
ここに白状します。

で、赤しか読んでませんがポリフェニカ。
もうアニメ化かよーという感じですが
割と好きな部類の作品だから概ねよしです。でも早いよ。

なので先月から積んでた3冊目をこの前でた新刊とあわせて消化。
2冊通しての続き物だったのでちょうどよかった。
敵の妨害によりフォロンとコーティがピンチになったけど
なんか最後のほうに愛の力で復活して大逆転でした。
多分そんな感じ。

神曲の演奏描写とか独特の流れなので、
文章読んでてイメージするのがちょい難しいと個人的には思うのですが
それはきっと俺に音楽の才能がないからなのでしょう。
ピアノの演奏ぐらいなら想像できますけどね・・・昔やってたし・・・。

アニメ化だっていうし、黒と白も読もうかな。
大本の赤だけじゃ作品をつかめないという話ですしぃ。
【2006/10/15 21:55】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
もう10月が半分かよ!
やっと落ち着いて更新できます。
怒涛の3週間であったわ・・・。




空ノ鐘の響く惑星で 12巻(電撃文庫)
20回は読み返しました。

ついにというか、正直な気持ちとしては
「え、もう完結しちゃうの!?」
というのがまず12巻が最後だと聞かされた感想でした。

敵の本拠地であるラトロアにフェリオ達が乗り込んでいよいよ、
と盛り上げたところですぐに終わりというのでは
今までちりばめてきた伏線等がキレイに回収できるのか、
そして物語としてちゃんと終わることができるのか。
そのあたりが不安であったからです。

でも12巻を読んですぐにそんな気持ちはなくなって、
読み終わった頃にはこれ以上の綺麗な終わりはない!
そう断言してしまうぐらいに見事に終わってくれました。

ついに発動する死の神霊、そこに集うほぼフルメンバーのキャラ。
会話も戦闘も、最高なまでに高まって
それぞれの生き様、それぞれの見せ場を惜しみなく見せてくれて
敵ですら大好きになってしまう、
そんな余韻すら与えてくれる素晴らしい作品として完結してくれました。

まぁパンプキンが大活躍を通り越して
もはやフェリオ君以上の主役に躍り出て
最後にはエピローグの一番いいところまで持っていったのには
パンプキン好きの俺としては非常に嬉しいけど
作品としてどうなんだろうと思わなくもなかったですが!(苦笑)

で、12巻読み終わってから全12冊を2周して、
その上で全体としての感想を言わせてもらうとすれば、
12冊通して全て面白い、大変完成度の高いラノベであったと思います。

この巻がつまらないとかこの部分がいらないとか、
そういった印象を受けることが読んでいて全くない、
面白いという要素に満ち溢れていました。

や、ちょっとした不満はありますよ?
リセリナが悩みまくっていたわけですが、
そこら辺はもうちょっと掘り下げてやってくれても。
というか、フェリオ側に最後の告白を受け入れる要素が少ないというか。
幼馴染小説家としてはリセリナの扱いは大変優遇されていると思いますが
個人的にはウルクと同列に扱う理由付けをもうちょっと欲しかったかな、と。

あと神殿の人たちが最後になって置いてけぼりだったのもなー。
あれだけ配置されたんだし、中盤のメインがフォルナム神殿だったんだしで
最終戦で少しぐらいは絡んで欲しかった気もします。
つーか南方諸国は神殿と絡みまくってるそうなので
そこら辺の続きというか新作も読んでみたいですね。

エピローグ後の短編とか、完結したので出ませんでしょうか?
特にフェリオ・ウルク・リセリナの3人のエピローグというか会話が読みたいです。
あれはあれで素晴らしいエンディングでしたが、
やっぱり戦乱が終わったあとの主役のコメントなども読みたいですし。

まだまだ続けて欲しい気もさせられる、
それぐらいに読み足りないエピソードもありますが
それでも終わり方としては申し分ない出来。
渡瀬草一郎氏の作品は俺にとって最高の作品となっている、
そのことを再認識させられるほど素晴らしかったです。
読んだことなくても一度は読んで欲しいと他人に言わずにはいられません。
【2006/10/14 19:24】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
田村ゆかりファンクラブイベント2006 in 渋谷C.C.Lemon堂
また遅刻だよ兄さん・・・。
しかも色々ありすぎて今頃書いてますよ・・・。

わかりにくいけど、概観。こうして渋谷とゆーオサレタウンにピンクの法被軍団が誕生してました。


<開演まで>
えーと、今回は先週と比べ物にならないぐらいに
仕事でミスかまして遅れました。
言い訳ぐらいさせなさいよぉ。

そんなわけで渋谷駅ハチ公前出口に到着したのが17時と
既に開演時間でしたとさ。
だから渋谷の街を法被姿で駆け抜けました。
冬ライブではこういうのがないといいな。

<開演後>
東京でもOPトークを聞けず、
というか大阪よりも送れて生 お姫様の秘密が半分ぐらい終わったところで
席についてしまいました。
通路すぐ横だったから
あんまり他の人の迷惑にならずに着席できたからよかったけどね。

・生 お姫様の秘密
という事情のためあんまり聞けませんでしたが、
鍼の話はちゃんと聞けたのでよかった。

5月のツアーin名古屋で猛威を振るった
肩こりが酷いから鍼士の人に診てもらったお話。
筋肉がないから鍼が効かないとか1時間も立ってられないとか
2時間以上も跳びまくるライブをやってる人なのに
言われちゃったとゆーお話なんですが、何度聞いても面白いですな。

でも幼女体型とか言われたってゆー部分は今回なしでしたね。
まぁ今年のゆかりんのトークではグンバツに冴え渡るモノなので
12月にもありそうですがどうだろうか。

・ゆかり王国大運動会
なんでか東京での種目も

「DSテトリス対決」
「綱引き競争」
「空き缶積み競争」
「借り物競争」

とほとんど大阪と変わってない内容に。
誰か仕込んだんですか?(苦笑)

全体的には大阪の方が盛り上がったかなーなんて。
やっぱりロマンス部隊のインパクトには勝てません(笑)。

あとBOBで激しく登場のボブがすげぇキャラ立ってた。
なんか登場のシーンとか異様に盛り上がるし、
今回だけのキャラにしてはやたら確立したなぁ。

・第1回 ゆかり王国センター試験
こっちは東京でも楽しかったですね~。

特に第3問の成分問題。
姫の「はと麦、ぜんまい、爽健美茶。プーアル、どくだみ、爽健美茶。」と
一般回答の「そんぐらいググれ」の答えが最高にツボった(笑)。
それと鳩問題で鳩山代議士で「僕が運びます」の公約な!

ネタ職人がいるからこそ盛り上がるですね~。

・アコースティックライブ
こちらもあんまり大阪と変更なく。
順番にあげると、

「童話迷宮」
「デイジー・ブルー」
「miss you」

の3曲でした。
君をつれてがなくなったのは残念でしたけど、
アコースティックVer.のデイジー・ブルーはかなりよかったです。

で、歌が終わって先週と同じく告知。
ニューシングルはともかくとして、冬ライブのお話が非常に気になりました。
「皆、FC会員でよかったと感謝すると思うよ」とのこと。
なんでも予想以上に応募があったとか。
あのー、パシフィコ横浜は5千席あるんですが・・・。
いい席あたるといいな。

告知終了したらなんと東京でも写真撮影会有り!
2千人以上いるというのにやってくれましたゆかりんとメロプリ!!

今回は大阪のときと違ってゆかりんのすぐ間近にはなれませんでしたが
それでもやはり近くで見るゆかりんは最高です。
マジで脳髄に来るね!

あと撮影の合間と合間に色々小ネタやってくれたのも印象的。
ラブパレでちょっと振り付けやってくれたり、カメラいじり始めたり、
待ってる間もステージ上から目を離せませんでした。

<感想とか>
ゆかりんは最高です!

何を聞かれてもそう答えてしまいます。
大好きなんじゃよー、ゆかりんが好きなんですよー。
撮影が終わってバイバイしてくれて、それが嬉しくて、
でも外に出て次は12月まで会えないかと思うと寂しくて、
これが恋なわけです。

次の本気を出すのは12月23日!
クリスマスイヴイヴにゆかりんと楽しく跳んできたいですね。
【2006/10/09 21:51】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
田村ゆかりファンクラブイベント2006 in ZeppOsaka
Zeppは遠いわ・・・。
もうほんと、大阪の果てって感じですわん。

撮れるものって、これぐらいでした・・・。


<開演まで>
えー、なんというか。
今回初めて、この不肖愛玩動物、
イベントに遅刻しました(涙)。

だってよー、行こうかなーと思ったところで
職場から呼び出されて1時間押したんですもん。
電車1本先に行っちゃってるんですもん!

しょーがないから新幹線乗り継ぎで
止まる駅止まる駅で全力ダッシュして開演の17時にはなんとか
ZeppOsakaの会場前にいました。
ライブよりも疲れたよ・・・全力疾走するのは・・・。

<開演後>
イベントのOP部分は上記理由でゆっくりと見れなかったので割愛ッ!
・・・いいんだ、来週の東京でゆっくりと見るから。

で、FCイベなんでイベントがずらずらと。

・生 お姫様の秘密
まーFCイベ恒例の行事ですね。
色んな質問をしてゆかりんが答えるっていうコーナー。
質問と回答を要約すると、

「”ゆかりん”以外の愛称で呼ばれるとしたら?」
→「しつこくそれで呼ばれるから言いたくない」

「一日だけ男になったら?」
→「家から一歩も出ない」

「胸の大きな女性をどう思いますか?」
→「別にどうとも思わない。個体差だし」

「ゆかり王国の新しい祝日は?」
→「6月9日。闇明けの日。闇の日と続きで連休。」

「ライブ開催地として行ってみたいところは?」
→「香港。・・・国内なら、東京。交通の便とかで。」

「ゆかりんの聖地は?(自宅除く)」
→「ネット空間」

ええもう、見事なまでにゆかりんらしいお答えで(笑)。

・ゆかり王国大運動会
いやーこれは一番予想外かつ楽しかったですね。
ゆかりんも最初っからノリノリだったし。

客席を三分割して、チーム対抗で競技をするというもの。
6種目あった中で

「DSテトリス対決」
「パン食い競争」
「空き缶積み競争」
「借り物競争」

の4つが抽選によって選ばれ、それぞれでバトル。
異様なまでに盛り上がりました。
謎の外人ボブとか(笑)。

特に最後の借り物競争が凄かったなー。
2階席にゆかりんが来てくれて、ゆかりんと視線があったりしたし
間近でゆかりんが見れたし!
見ることが出来たんですよ!?
2階席かぁーと来たときはがっかりしたものですが、
それもこうやって嬉しい誤算で返ってくれたのでよし!

あと借り物競争はステージ上にロマンス部隊が登場するしで
もうなんのイベントなんだか(苦笑)。
30人ぐらいの集団でロマンスはすげぇと思わされました。

ちなみに優勝チームには缶バッチが送られたそうです。
・・・まぁ、俺のいたチームは敗退したんですけどね。

・第1回 ゆかり王国センター試験
ゆかり姫の衣装替えの間場つなぎとして登場。
悩みに悩んだセンター試験、果たしてその解答方法とは・・・!

予想通りに面白い答えを書いた人が勝ちのモノでした。
俺ですか? 採用されるわけないやん・・・。
イトーヨーカドーとか、ネタ職人には勝てないと知らされました。

・アコースティックライブ
歌はないと思っていただけに、歌があってびっくり。
念のためピンクのポケットネオンを持ってきてよかった。
や、イベント最初から振ってたけど。

1曲目は「童話迷宮」
アコースティックにするとがらっと雰囲気が変わりました。

2曲目はカップリングの「miss you」
もともとバラードなんですけど、
アコースティックになるとその魅力は倍増。
ちょっと泣きそうになった。

メンバー紹介を軽くして(つーてもお二人でしたが)
3曲目の「君をつれて」
ああもう、いい曲ばかり選んでアコースティックしますね。
こっちも泣きそうになった。
やっぱゆかりんの歌声にはパワーが詰まってるなーと感じさせられます。
こういう声が一番前に出る歌い方をされると余計に。

お歌が終わり、告知とか。
ニューシングル「プリンセス・ローズ」(仮)が12月20日発売ですってよ!
WINTER LIVEの直前に発売とは、粋なことを。
3日間で覚えて式典に臨めとのこと。
ええ、ぜひそうさせていただきますッ!!

その告知の後でステージ上に椅子を並べ始め何をするのかと思いきや
ゆかりんとの撮影会が最後にありました。
といっても一人一人じゃなくて20人ぐらいまとめて、でしたけど。
で、撮った写真は後日FCから発送されるとのこと。
太っ腹ですなぁ。

ただ人数が千人ぐらいいるため、待ち時間が長い。
しょうがないから遅刻して買えなかったグッズとか買ったり
500円ガチャしたりして時間潰してました。

待つこと30分ぐらい、ようやっと俺もゆかりんと写真を撮ってもらえることに。
そうしたら本日最後にして最大のサプライズですよ!

もうね、ゆかりんと超至近距離ですよ!
真横ではなかったけど真後ろでしたよ!
立ってるだけでゆかりんの匂いとかするわけですよ!
すげーいい匂いするわけですよ!
すげぇや! 水橋かおりの言ったことは本当だったんだ!!

一言ぐらいゆかりんと会話できたし、
ゆかりんのうなじ見れたし、
写真はゆかりんと一緒に撮れたしで最高の気分でした。
撮り終わった後もゆかりんに手を振って見送ってもらったし。
・・・や、全員にだけどさ。
でも俺には、俺の心には届いていた!

そんなわけでイベント終了したらどっぷりと夜。
肌寒い大阪港近くからとっとと退却でした。

<感想とか>
もうね、ゆかりん最高じゃよ~。

いやもう、とにかく最後の衝撃が強すぎてそれが一番思い出してしまうのですがッ。
握手会といい、最近こういう嬉しいことが多いなぁ。
こんな嬉しいことがあってよいのかしら。

イベント自体も非常に楽しかったです。
前の方ばかりじゃなくて、後ろにも気を使ってくれるし
借り物競争のときはちゃんと2階に来てくれてゆかりんを間近で見れたし。
「みんなで参加しよう」と「みんなと触れ合おう」っていう
その二つのゆかりんの気持ちが伝わってくるような、
あったかくて気持ちいいイベントでした。

来週も頑張っていくよぉー!
そしてそれ終わったら12月のライブ行くよぉー!!

あ、あとグッズとか。

1万2千円ぐらい買った。


クッションはでかくて買えなかったから、
東京で買おうかな。
だってだって、雨降ってたらあんな大きそうなもの持って帰れませんよ。
【2006/10/02 00:42】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
近くて遠い明日。


CALENDER
09 | 2006/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT ENTRIES
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in アイプラザ豊橋(10/24)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in パシフィコ横浜 国立大ホール(二日目)(10/23)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(二日目)(10/06)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(一日目)(10/04)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 仙台サンプラザホール(09/28)
  • RECENT COMMENTS
  • チェリー(10/07)
  • をつこ(07/08)
  • 飼い主(03/04)
  • ぺっと@管理人(01/24)
  • あらやまつみ(01/24)
  • 秋田の人(06/15)
  • かいぬし(05/27)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 魂は永遠に彷徨う(声優とアニメの情報ページ):11/10 本日の声優、アニメ情報(11/10)
  • 気になるキーワードでブログ検索!:【Animelo】についてサーチエンジンで検索してみると(09/02)
  • ARCHIVES
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (3)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (4)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (7)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (6)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (12)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (17)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (19)
  • 2006年02月 (22)
  • 2006年01月 (17)
  • 2005年12月 (19)
  • 2005年11月 (16)
  • 2005年10月 (24)
  • 2005年09月 (15)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (14)
  • 2005年06月 (20)
  • CATEGORY
  • 同人 (4)
  • イベント (89)
  • その他 (56)
  • アニメ (110)
  • マンガ (43)
  • ラノベ (31)
  • ゲーム (24)
  • 未分類 (1)
  • LINKS
  • 田村ゆかり公式ホームページ
  • 黒うさぎの小部屋
  • SEARCH

    PROFILE
    ms_ki
  • Author:ms_ki
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。