スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
舞乙の最終回が面白すぎたわけですが。
舞-乙HiME 25話・26話(最終回)
一番笑ったのはあの高度で落下して生きてるトモエさんと
スクライド最終回にそっくりな大気圏到達でした(笑)。

一気に1時間見てしまったと言うか、
あまりに内容が濃くて全部面白かったとしか表現できねぇ。
最大数のキャラが乱立する中で
主役のドラマも魅せ、それぞれのキャラの活躍も魅せ、
ネタもほぼ全部やりつくしてシナリオ的になんら破綻してないってのがスゴイ。

アリカが真の乙女になったときにはレナと同じ髪型になったり
アリカとニナの大気圏突入とかのサンライズお約束攻撃で満足したり
トモエさんの壊れっぷりに爆笑したり
ミス・マリアの活躍っぷりとかマキマキの恐るべき効果とか
なんか面白かったところを列挙し出すと終わりませぬ。
どうしたものか。

サンライズネタもかなりあって楽しすぎ。
トモエさんの一人超級覇王電影弾にハルカのガンダムポーズ、
スクライドの最終回バトルに大気圏突入と
おなかいっぱいでふ。

とりあえずEDはもう、感動して泣けた。
エルスが復活しなかったのは残念でしたけど、
それ以外はもう大満足さね。
ああ、いいアニメ見れたなってなもんよ。

で、半年間ずーっと見続けたわけですが。
終わって見れば素晴らしいアニメになりました。良かった。
前半がだれてた舞-HiMEと違って
26話全部ちゃんとして面白かったと思いました。

ゆっくりと前半を描いてたのに
後半のラストバトルまでの流れと決着がきれいについて
ちゃんとしたアニメを見れて大満足でした。
ありがとう舞乙。

やっぱこの面白さの理由のひとつに
主役がアリカだったってのもありますな。
前作は舞衣があまり主役としての魅力を感じさせてくれなかったので
あれだけだれたんだろうな~。

つーことで明日はFateを見たら舞乙全話一気に鑑賞することにしませう。
つか最終回見てたら舞-HiMEも見たくなってきたのですがー。
ニナの最終形態が完璧にミロクだったのは狙ってたんだろうなあ(苦笑)。
スポンサーサイト
【2006/03/31 22:21】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ぬおう、気付いたらもう3月が終わる・・・
FateのDVDは明日あたり買ってくる予定で。
最初の頃って、微妙だった記憶があるんですが
まあファンだし真ゲッターと違ってこれは買うということで。

ライブはいけませんが、川田まみのアルバムですよー。


川田まみ1stアルバム「SEED」
種ガンとは一切かんけいありませんっっ!!

さらっと一回通して聞いただけですが
「IMMORAL」と「you give…」がかなりキタね。
もちろん一番いいのは「緋色の空」ですが。
緋色は何回聞いても飽きが来ない名曲ですなぁ・・・。

しかし、今回川田まみ名義で出したシングルからしか収録されてないため
おねツイのED曲「明日への涙」が入ってないとゆーワナ。
あの曲も凄く好きな曲なんですけどねぇ。

かりん 8巻(角川ドラゴンコミックス)
アニメ化してるせいか、刊行ペースが速い速い。
もう先月の分まで収録じゃないですか。ねぇ?

重たい話はさておいてラブコメ全開で。
「1+1」で言ってた「ラブコメとはラブをこめるもの」とゆーのに
かりん8巻では実に同意したくなるほどでした。
おお、ブラボー!

アニメはあんまり見る気起きないんですけどもね・・・(ぇ


本日のBGM:you give…(川田まみの曲より)
【2006/03/29 22:12】 マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
時間もないですが。
それ以上に金がねぇー。
DVD買いすぎたー。

マンガ版がどこにあるのか、探してられる方を随時募集しております(ぇ


・ヤダモン DVD-BOX上巻
EDばっかり延々と流れる収録方法もどうかと思いますが。

懐かしすぎてコメントに窮するというか。
懐古主義で思わず買ってしまいましたが、
DVD見てるうちに昔買った小説版とマンガ版が読みたくなってきたので
頑張って小説だけは掘り起こしてみました。
マンガはどっこ探してもねぇなあ・・・。

前半のまったり展開はいかにも教育アニメって感じで
何の問題もないのですけど、
後半戦になるにつれてキラとパラミスの花、
魔女の滅亡に関する危機に魔法大決戦と
これは本当に前半と同じアニメなのかなぁ、と思えてきちゃうのが
とても大好きなアニメでした(ぇ

つーかさ、DVDのライナーノーツでネタバレしまくりですよ。
キラの正体はともかくタイモンの正体ばらすなよぉ。
実は妖精族の王子で時止めが特殊なぱぅわ~だということは
最終決戦あたりまで取って置くのが楽しいのに。
というか最終決戦は月面で魔法バトルなのでとっとと見たいものであります。


本日のBGM:Pure enough(TVアニメ BPS-Battle Programer Shirase- ED曲)
【2006/03/27 23:17】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
結局アニメフェア行かなかったデスヨ。
東京にいたのにな!(ぇ

仮面ライダーカブト 9話
矢車さんの器ちっちぇえー。

前回引きのカブトvsザビーは
加賀美が突然乱入してきたことにより
天道が加賀美を助けようとしてザビーに敗北。
擬態を使ってバカな矢車をやり過ごす天道でしたが、
死んだふりすらもかっこよく見えてくる天道がすげぇや。

「おばあちゃんは言いました。病はメシからってな。
 食べると言う字は、人が良くなると書くだろ?」
その通りです天道さんっ!
すっかりと病院の先生までの掌握した天道っぷりに心酔だ。

そんなパーフェクトハーモニーを忘れて
カブトを倒すことにだけ執着した矢車は
ザビーセクターから見放されてライダーの資格を奪われてしまったのでした。
部下が全滅しかかってるのに見捨ててるしなあ。
初登場時がウソなぐらいに雑魚になりさがったな・・・。

矢車とは逆にぎゅんぎゅん株価が上昇してる加賀美君、
そして爆発する『みんなを守りたい』という願いに応え、
ザビーセクターが加賀美をライダーとして認定ですよ!
うわーびっくりだ。
いままでただの協力者でありツッコミ役でしかなかった加賀美君が
ここにきてライダーの仲間入りですってよ。

なんというか・・・矢車は鳴り物入りで登場して
あっという間にヘタレと化したあわれなピエロでしたとさ。
まあ平成ライダーのライダー同士の揉め合いは見飽きてるんで
矢車と延々対決されるよりは加賀美君が今度頑張ってくれた方が嬉しいけどさ、
中身が加賀美だと一生カブトに勝てないんでねーのかと思う(苦笑)。

なんだかんだ言って結局今週も
天道総司が天才でかっこよくて主人公でしたという話なわけよ。
このまま井上臭がしないまま終わって欲しいもんだ・・・。


本日のBGM:雪華の神話(KOTOKOの曲より)
【2006/03/26 21:32】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今から東京じゃよー。
でもその前にFateの感想じゃよー。

Fate/stay night 12話
エクスカリバー初出撃ッッ!!
CGを忠実に再現しようと頑張ってましたなぁ・・・。

エクスカリバーの前に新都で探し物ですけど、
前回に引き続いて士郎の歪みの解説が。
自己を一切省みず、ただひたすら他者を救おうとするその想い。
一見するとかっこいい主人公にしか見えないのが恐ろしいところですね。

で、後半は原作に忠実な、実に忠実な展開でした。
出だしのライダーさんとセイバーの壁走りは微妙でしたが・・・。
壁を垂直に駆け上っていくのはなくて、
どっちかってーと白崎一護の世界って感じの戦いでしたのう。
ライダーさんなんて垂直にモロ立ってたしな。

屋上に到達してからはペガサス参上で一気に宝具バトルへと突撃しましたが
ペガサスはかっこよく描いてくれてたなぁ。
ラストのベルレフォーンもちゃんとCG通りに円の螺旋を描いていたし、
ライダー関係については文句ないんではないかと。

エクスカリバーについてはなぁ・・・
や、作画は良かったデス。いきなり崩れられるとすっげー萎えるし、
そこについては単純に嬉しかった。
けどBGMがなぁ。
『約束された勝利の剣』のアレンジでしたが、ちょっとアレンジ微妙。
おにーさんは、おにーさんは無理とわかっていても
オリジナルのBGMを期待していたんじゃよー。

でも圧倒的作画によるエクスカリバーは
もはやビームキャノンの域にまで達していたので
見てて非常に楽しかった。それは事実。
CGの再現もほぼ全部やりきってくれてましたしね。
BGMではマイナス要素あったけど、全体では大満足でした♪

あと個人的にはサブタイが「空を裂く」なんだし
雲が真っ二つに切れてるCGの再現もして欲しかったかな。
あのCG、結構好きなんで。

さて慎二君はバーサーカーにぷちっとやられちゃうことになるので
とっとと次回からアインツベルン城の闘いになります。
このままアーチャーが死んでしまうと、無限の剣勢は永遠になくなってしまうので
ここはボクらの凛々しい背中・アーチャーの活躍と生き残りに期待を。
というかこのペースで行くとあっという間にセイバールート終了しそうだし
ここはUBWもからめてくれるとイイナ!
【2006/03/25 09:56】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
明日からビックサイトだー!
ブルーレイのAIRとかゼロの使い魔のプロモとか
久しぶりの生ゆかりんとかを味わいにいくのだー。

魔法少女リリカルなのはA's DVD3巻
リリカルパーティーSP、
ダイジェストで見ても充実度の高いイベントでしたなぁ。
ゆかり画伯の絵とか、野獣ゆかりんの迫真の演技とか(笑)。

いやもう、7話が凄くて。
そんなに書き直しちゃいますか! ってぐらいに修正入ってます。
軒並みシグナムの作画が直ってるのに感動すら覚えた。
カクカクしてたくせのある作画が頑張って
通常のなのは作画へ近づけようと随所で努力しまくりで、
修正されてるところとされてないところを探すだけでいつの間にか4回見てしまった。
どうしてくれようかリリカルなのはめ! きぃ!!

地味にシュランゲバイゼンのエフェクトに追加があったり
バルディッシュを構えるフェイトに修正入ってたりと
変更点に見所ありすぎで助けて欲しいです。

そして戦闘が激しかっただけに7話のライナーノーツも面白くてねぇ。
戦闘中は一点集中でパンツァーガイストとディフェンサープラスを展開しているとか
プラズマスマッシャーが加速用にリング2個生成されてるとか
前面には出てこないいい設定がてんこ盛りだこのやろーめ!

舞-乙HiME 24話
トモエさん・・・いい気になってるけど
アナタは来週無残に捨てられるんだよ・・・。
結果がわかってるから、ピエロにしか見えなくて笑えてきちまいますよ。

最終決戦に向けたそれぞれの決意と想いが錯綜した
24話でしたが、
一番よかったのはエルスの残した手紙だよ。
泣いた。久々に泣いたよ。
挿入歌が極大にまたいいんだからもう。

そしてそこから繰り出されるニナニーのラストアタック。
きっと玉砕するんだろう・・・と思っていたら
あっさりセルゲイさんヤっちゃいましたよ!?
「大切な人が~」のくだりはどう考えても肉親としてだろ、とか思っていただけに
さらっとニナニーのベッドインされてびっくりでした。
まあニナニーがハルモニウムを起動できたことから考えると
本番はやってないってことなんでしょうけども。

超弩級空母スズシロで突貫するハルカ、
tiaraway炸裂のナツキとナミ、
なんかアリカ以外のアリッサの血筋の人を眺めてるミユ、等など
次が最終回なんだなーと思える、素晴らしい熱さで引いてくれました。
アリカも修行を一通り終えたみたいですし、
来週の最終回1時間スペシャルが待ち遠しいでござるよぅ!

灼眼のシャナ 24話(最終回)
ラストの天破壌砕、ぜってーバルスですよ(苦笑)。
あまりのまんまさに思わずつぶやいてしまったし。

最終回にふさわしい良い神作画でしたけど、
中身のシナリオはそんなに、かなぁ・・・。
ヴィルヘルミナが天破壌砕を見て茫然自失になるのは
マティルダさんが同じ結末辿ってるからで、
それを止めることが出来なかった自分の無力さからだし。
チラッとは16話で触れたけど、あれじゃあまり伏線になっとらんような。

坂井悠二が自分をはっきりと自覚して、
シャナは悠二に告白きっちりとかまして、
御崎市にまだみんないるんですよーEDで明確なオチなしでした。
まー原作続いてるしこんなもんかと思ったら
ラストで劇場版の作成ですってよ奥さん。
正直あんまり期待しないでいよう・・・てゆかこれよりもなのはの劇場版見たい(ぉ

で、全話終わりましたが
シナリオの乱降下が激しかったかな、とか思って見てました。
作画に関しては一定基準を毎回スタンダードに保っていて
スタッフさんの頑張りに敬意を表したいところでしたが
シナリオについてはもう・・・。

序盤のフリアグネはひどかったし、プールの話はひたすらどうでもよかったし。
マージョリー姐さんと過去編で少しは良かったですけど、
ラズト近辺のオリジナルもあんまり盛り上がらなかったしなぁ・・・。
原作がちゃんとお話を読むことが出来るラノベなだけに、
圧縮するにしてももうちょっとシナリオに頑張って欲しかったですね。

でも黒歴史ヘルシングとかクソ脚本にされるよかよっぽどマシでしたし
好調な作画とすんばらしい声優陣に感動したんで
これはこれで楽しいアニメでしたまる。

まあこのアニメの最大の収穫は
1stOP曲の「緋色の空」でしょう。
ラストのEDでもかかってましたけど、
実にシャナの世界観とかお話とかを凝縮した曲です。
これなしにはもうシャナの原作を読めないぐらいになってしまった。

ぜひ、劇場版のOPでもこれに負けないぐらいの名曲を期待したいです。
・・・何年先になるかは知りませんけどね。


本日のBGM:being(TVアニメ 灼眼のシャナ 2ndOP曲)
【2006/03/24 23:58】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
明後日にはDVD祭りですよー。
最近ネタもないので、
面白いと感じ始めてるカブトの感想でもいってみます。
つか、カブト普通におもすれーので
毎週やろうかと思いますがいかが。

仮面ライダーカブト 8話
ヒーロータイムの加賀美、ネタが激しすぎ(笑)。
効果音が決まってるからこそ面白いのがまたいいのですっ。

ザビーさんは大変に仲間想いな性格のため
先週ラストでかましたカブトとの決着も
仲間が怪我したために一時中断としてしまいました。
マイウェイな天道と違って主人公向きなキャラしてるなー。

そんな自分中心の天道節は今週も炸裂なわけで、
豆腐パーティーとかよくわからんことされちゃっても
「まあ天道総司だから」でなんとなく片付くのがかっこええ(笑)。
それは厳重警備の式場に神父コスして侵入してもそうなるのですが。

今週もザビー活躍かと思ったら
主役の本領発揮でカブトが全部おいしいところやってましたね。
矢車がちょっといいところ見せたかと思ったところで
『お前の言う完璧なハーモニーが崩れているぞ』と矢車のセリフでおちょくってみたり
豆腐を矢車用に取り置きしておいて懐の深さを見せつけてみたりと
結局今回も天道が素晴らしいなあと思わされておしまいだ!

夕日をバックにライダー同士のバトルは素直にかっこよかったです。
その前のムシキングバトルがなければもっと良かったのに(苦笑)。

次回予告で矢車が「ヤツのベルトは破壊した」と言ってるのに
きっちりワーム相手にカブトが戦闘しているんですが。
あんまりはらはらさせられない予告だなぁ・・・。
ま、天道がピンチになるとか負けるとかあんまり想像できないんですけどもっ。


本日のBGM:NEXT LEVEL(特撮 仮面ライダーカブト OP曲)
【2006/03/22 23:17】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
レナス、大体おわたー。
セラフィックゲートまで出してレザード仲間にしました。
これでもう終わったも同然だな!(ぇ
後はフレイ姉さま仲間にしてイセリア・クイーン倒すだけだのう。




烙印よ、想いを蝕め(富士見ファンタジア文庫)
最初の頃のフルメタみたいなノリで面白いのですがどうか。
というかフルメタはどこで道を踏み間違えたのだろう・・・。

主人公補正で考えていたちひろの勘の良さが
実はラスボスによって烙印をいじって仕組まれていたというバレから始まって
怒涛の展開でした。
前半がまったりとてただけに、
余計に後半のジェットコースターにスピード感を覚えましたのことですよ。

出てなかったネームレスセブンも次々と登場し、
ついにはちひろの正体とかもう書き出すとネタバレしかない展開に
1ページごと読むたびに展開が加速するのでどきどきさせられました。
久々やなぁ、こんな感覚。

戦闘シーンも本編の話に負けず劣らず魅力があって、
キズナのセカンド・リミテッド・リリースめっさかっこいいんでやんの。
あーもう、面白いなぁこのラノベ。

で、この展開から考えると次巻あたりでラストとなりそうですが
このまま終わるのであればそれはキレイなしめであるし、
それでいいのかな、なんて考えたりします。
後はこの作品がもうちょっとメジャーになってくれれば文句はいいませぬよ・・・。

特ダネ三面キャプターズ 1巻(まんがタイムきららコミックス)
トリコロの復活はまだかー。

と、いうわけでトリコロの作者が
まんがタイムラブリーという雑誌で地味に連載していた作品の単行本。
・・・や、正直なところ初出見て泣けたけどな!
『H14~』って・・・。

ノリは普通にトリコロと同じだし、
読んでて無性にトリコロが読みたくなってしまうです。
つか、トリコロ単行本未収録はいつか出てくれるんかなぁ。
【2006/03/20 20:32】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
もう3月が終わろうとしてます。
早いなぁ。そしてとっとと異動終わんないかな。
ゆかりんのライブの予定たてらんないし。

Fate/stay night 11話
ランプ割りの修行、見た目とっても地味やなぁ・・・。
やってることは大切なんですが・・・。

とっとと発動する鮮血神殿。
慎二君のクソ野郎っぷりがマキシマムです。
ステキです。このゴミー! とか言ってやりたい気分でいっぱいになれた。
声が士郎よりも2枚目っぽいから余計にクソ野郎に思えます。
この後どういう末路をたどるかしってるから
別に本気で腹立ったりしないですけどね~。

ついに士郎は一発目の令呪を使用しましたが、
これがまたえらいかっこよかったよぅ。
セイッバー!! と叫びながら腕を振るアクションがええの。
文章だけでもかっこよかったけど、
映像でもきちんと見栄えするように仕上げてもらえて良かった良かった。

今回の戦闘シーンもきっちり動いてくれててベネ。
ライダーさんの動きがかなり文章に沿った動きではなかったかと。
ちゃんと来週のために幻想種の羽が見えましたし、
発動するベルレフォーンの演出もよかったですよ。

さ、来週はついにエクスカリバーが発動!!
BGMがちゃんと『約束された勝利の剣』になるのかというところと
あの派手な演出がどこまでなされるのかというところが
非常に気になる部分ですねぇ!
今週のベルレフォーンを見る限り、かなり期待できる感じでした。

それにしても、藤ねぇや一成は鮮血神殿をもろにくらちゃったわけで、
これはセイバールート準拠であると仮定するならば
原作では学校の主要一般人は全部終わるまで入院して
出番一切なくなりましたよね?
もう藤ねぇでてこねぇのかなあ?

セイバールートならライダーさんは来週消えちゃいますが、
次回予告でチラッと桜出てきてたし、
もしかしたら本来のマスターである桜とともにもうちょっとライダーさん参加する?
奈須御大によれば、臓硯と真アサシンはアニメに出ないらしいので
どういった形で出れるのかな。

あと、今回ついに一番重要なことやってくれましたね。
「切継がキレイだから憧れた」って。
これならば、これならばUBWルートラスト戦もありかとー!!
14話あたりからバーサーカー戦だそうですが、
ここでアーチャー生き残ってあれにいくってのも見たい。
【2006/03/20 00:08】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
VPレナス、クリアーまでもうちょっと。
そしてレザード・ヴァレスまでもう少しだ俺。




金色のガッシュ!! 24巻(サンデーコミックス)
骨折の真相が凄すぎて。
エキサイトするにしても骨を折るほど強く机を叩くのが
天才の凄まじさというものなんでしょうか。

2ヶ月骨折で休んでたせいか、
ザルチム戦がやたら昔のことのように思えます。
ええキャラやったなあ、ザルチム。
ガッシュにしてはキャラの立ってる外道でかなり良かった。
最後の涙とかもかなりいいさ。
正直リーヤとアリシエの別れよりも泣けた(ぇ

連載ではバリーとキースやってますが、
まだ回収してない人たちいっぱいいるよねー。
ロデュウとか。扉護ってるアースとカルディオとか。
ゼオンvsガッシュは当分先なんだろうなぁ。
そうなると天才清麿の復活も先延ばしだろうし、
ピヨ麿はあと半年ぐらい寝っぱなしな気がするな(笑)。

エア・ギア 13巻(マガジンコミックス)
や、実際変動の激しいネギまよりも
スタンダードに一番マガジンで面白いマンガだと思うがどうか。

まとめて読むとなんとなく伏線がわかってきますね。
もうジェネシスとか眠りの森とかレガリアとか
新設定を次々と出してくるもんで
毎週3回は立ち読みしてたような記憶がありますです。

そして13巻から本格始動する真のヒロイン・框。
それに伴ってそれまでのヒロインだったリンゴは舞台から消えていくわけですが(笑)。
この巻が最後になるんだろうなあ、ヒロインとしてのリンゴは。
14巻からはラスボスとして君臨してくれることでしょう。

で、何度読んでも調律者のレガリア調律光景は
騎乗位にか見えないわけですぐわ。
エロいなぁ。来週当たりに框もやってくれるのですね?

アンリミテッド・ウイングス 1・2巻(角川コミックス)
2巻といっしょに1巻もやっと買えたー。

熱い男たちが繰り広げる戦闘機レースのマンガでごわす。
レシプロ機っていいやね。
飛行機にかける乗り手の熱意とか、
そういったものが溢れてるマンガでござんした。
2巻で完結してるから、話としても実に読みやすいですし。

しっかしこのマンガ読んでると無性に紅の豚を見たくなる。
どうして宮崎アニメはああいうのをもっと作ってくれないのだろうか。
【2006/03/19 00:06】 マンガ | トラックバック(0) | コメント(0) |
来週すごいDVDいっぱい買うことに気付いた。
ヤダモンになのはにと、盛りだくさんだなこのやろう。

舞-乙HiME 23話
ハルカ、出番が少ないよ・・・。
この終盤に来ても活躍がないよ・・・。

ニナが王家の血筋でアリカはそのままレナの娘、
じゃあマシロは? って感じですけど、どうなんだろ。
それにしても血筋に悩むマシロはなんだかポップ君を思い出しますよ?
武器屋の息子で違いに苦しんでた彼のようじゃないですか。

比べてニナはがんがんと悲しい方向だなあ。
ハルモニウムの起動でジャイアントロボとも巨神兵ともとれる
面白スガタへと変貌を遂げられてしまって(笑)。
あれではヒロインになれませんよニナさん・・・ッ!

ここにきて突然にアリカの修行とかやりだしたわけですが、
果たして最終回までに形となるんかなぁ。
まあ心がけひとつでオトメの力を引き出すことに成功しそうですけど。

次回予告ではニナニーが決死の夜這いを実行でしたが
きっとまたセルゲイにやんわり拒絶されるんだろうなあ・・・。
ますますもって可哀想だ。

灼眼のシャナ 23話
ちょ、このアニメ全24話かよ!
次で最終回とか思わなんだ。

話の流れはいたってまともで
別にここが悪いって部分もさして見当たらないんですが、
それだけに盛り上がりに欠けているというか。
完全に置いてけぼりになってる吉田さんとか騒ぐだけの佐藤&田中とか、
ふーんそうですかって気持ちで終わってしまうし。

唐突にマージョリー姐さんが帰ってきてもなぁ。
結局すぐ帰ってきてなんじゃそらあああ!! って気分です。

しっかし、ここにきてようやく恋愛感情を抱いているのでは? と
認識を改め始めた坂井悠二。遅すぎ。
お前が、お前がもっとちゃんとしていればシナリオがもっと面白くなったんだよ!

割とラストに来て不満が蓄積されちゃってますが、
最終回ではキレイにまとまって欲しいかな。
【2006/03/17 23:36】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
来週にある東京国際アニメフェアに行こうかしら。
なんか26日にゆかりんとほっちゃんとうえかなが来るらしいし
ゼロの使い魔の企画もあったりするらしいし。
・・・ま、異動がなければですぐわ。




山田家の人々 DVD
やっと全部見終わりましたよー。

ドラマが大泉洋の半自伝なだけに、
みょういずみのオーディコメンタリーがおもしれぇわけで。
この後の山田家があったとすれば、
テレビに出て元気君やってどうでしょうになるそうです(笑)。
半自伝なら確かにそうなるわなぁ・・・。

今回は結構副音声の裏話良かったですよぅ。
山田家の撮影中にヤスケンが婚姻届を出しに行ってたりとか
本当にみょういずみは脚本が出来ないため
「探さないでください」とHTBにFAXして姿を消してたりとか
このドラマはもう本編というよりもその後ろにあるモノを楽しむものだったんだなあと
改めて副音声で思ったりしましたです。

山田家の次はまたもホワイトストーンズでその後対決企画ですが、
個人的にはWSいらないからすっ飛ばして対決企画のDVD出ないかな。
ドラマの部分は少ないけど、企画としてきっちり面白かったし
なにより大泉父が謝るのをDVDでみてぇ(笑)。
【2006/03/14 23:17】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
雪ってなんだああ。
もう雪はいいでふ・・・。

Fate/stay night 10話
セラとリズもチラッと出れたー。
この調子でバゼットも出んでしょうか。

前半はひたすらセイバーさんと士郎の修行でしたが
一部作画やばかったような。
竹刀とかもう直視できないようなのあったぜ?
キャラが崩れなかっただけで僥倖と取るべきか・・・。

甘えにくるイリヤはほぼ原作どおりかな。
回想で明らかに切嗣だとわかる人がいたけど(笑)。
ああ、それにしてもシロウ。
それは妹じゃなくて”姉”ですよ・・・。

夕暮れに対峙する凛と慎二も、
ただのパンチを慎二にお見舞いするだけでがっかりだ。
まぁ、映像的に難しかったのかもしれんけれども。
他のネタはきっちりやってくれてただけにさー。

で、夜の諸葛凛による魔術講座ですよ。
アニメじゃ夜に凛が魔術の修行引き受けるって描写が無かったと思うんで
えらい自然な流れで突然魔術講座が始まってびっくりした。

バッグから出てくる年代物のランプ見てすげーうれしかったけど
今回ではたった2個しか割ってくれませんでした。
来週で30個以上割ってくれるようですがっっ。

と、いうか。
士郎の魔術の描写が少ないせいか、
凛が指摘した『士郎の魔術の問題点』が伝わりにくかったような。
衛宮士郎は魔術の発動に際して一から魔術回路をくみ上げて実行するため
毎回魔術の発動に生死をかけてるのですが
それが通常の魔術の使用方法から遠くかけ離れていることを指摘してたのですが、
いかんせん今まで士郎が魔術使ったのって
ランサーの兄貴に襲われた後は凛との対決の時だけで
どっちもあっさりと成功してるから、
どーにもアニメの士郎にそんな欠陥があるように思えなくてねぇ。

士郎の魔術が間違ってるって描写がないために、
凛が宝石飲ませてスイッチのオンオフの説明しても
知らない人から見たら全部流れていっちゃいそうだー。
そこら辺は投影魔術にしろUBWにしろ、
後半の衛宮士郎の強さと活躍に深くかかわってくるんだから
一部省略とかしないで全部ばっちりやって欲しかったデスヨ。

でも夜のアーチャーの嫌味というか説教で満足しちゃったけどな!
「現実で勝てないのなら、せめて想像の中で勝てるものをイメージしろ」
キター! 投影魔術への伏線キター!!
これで後はカリバーンかアヴァロンの幻影をさりげに挿入すれば無問題。

さて、来週はついに鮮血神殿が発動し
エクスカリバー発動が来週へと近づいてまいりました。
おおう、こっからは毎週楽しいアニメになりそうですねぇっっ!!

・・・しっかし、いつになったら
セイバーかアーチャーの過去を夢として入れてくれるのだろう。
あれがないとお話の根幹にたどり着けないような。
それとも大事な場面で全部本人に喋らせて終わりとかか?
セリフの厚みがなくなるから個人的には1~2回は入れて欲しいんだけどなー。
【2006/03/12 20:06】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日は神戸でスタチャ祭りでした。
ま、さすがに行けませんでしたが。
4時間もあるしなぁ。
その代わり今日はリリカルなのはを全話見ましたがね!
13時間強もあった・・・長かった。

なのはさん、VFBでも男らしいお姿ですっ。


魔法少女リリカルなのはA's サウンドステージ03
シグナムのカラオケ説明面白すぎ。
ベタだが良いのでいいのですっ。

13話のリィンフォース消滅と6年後とを繋ぐお話。
まあ1期でもSS03でやってましたが
これでなのはも終了したんだなぁ・・・と、
ちょっぴり寂しくなりました。

マンガでちらっとしか見れなかったエピローグを
音声できっちりと聞かせてくれて、
このサポートの充実もまたなのはの良さではございませんか。

ネタも随所にあってベネ。
クロノの声変わりとか、フェイトの決意とか、
あとユーノの毛触りとかな。
それにしても、ユーノ君の毛皮はどれだけ気持ちいいのか。
というかどうしてみんな淫獣扱いしないんかー!

魔法少女リリカルなのは ビジュアルファンブック
メイトで残り2冊だったのにゲマズで20冊以上ありました。
ゲマズ、経営大丈夫かな・・・。

設定関係については資料集が冬コミで出ちゃったから、
そこら辺は資料集に譲る形にして
魔法設定やコメントに力を注いでくれちゃりやがってもう。

特に都築氏の長ーいコメントが素晴らしかった。
だから俺も喜びながら言おうと思います。
「こんなの魔法少女じゃない!」
だからこそ、この作品が好きなんですけどね。
魔法少女という概念にとらわれてないからこそ、
この作品は「魔法少女リリカルなのは」なのです。

そしてなにより声優コメントですよ。
ゆかりんとか奈々ちゃんとか普通に書いてるのに
その中で流石は水橋かおり。暴走しすぎ(笑)。
ゆかリルウィッシュとかもうなにがなんだか。
いいなぁ・・・俺もいいにおいのするゆかりんの横に毎週座ってみてぇなぁ・・・。
フェレットになればゆかりんの側にいられるとゆーなら、
俺はフェレットでいることを選ぶやもしれぬ。

しかし設定説明でエクセリオンになってからのなのはのフライヤーフィンが
内外2枚だったのが外側だけになってたのに初めて気付きました・・・。
こまけぇなあ。確認してみたら確かに全部外にあったよ。

で、都築氏のコメントの最後には
「一歩ずつ階段を上りつつある」とありましたが、
やっぱりここは続編or劇場版を期待してよろしいですね!?
あったら嬉しいなぁ。
次点として格ゲー化とかも希望。
激しくキャラ性能が偏りそうな気もしますが(笑)。


本日のBGM:Little Wish~lyrical step~(TVアニメ 魔法少女リリカルなのは ED曲)
【2006/03/11 22:36】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
舞乙が面白いわけですが
舞-乙HiME 22話
やべ、ここにきて物凄い面白いのですが。

アリカと対峙するセルゲイ。
あっさりと自分はロリだと認めましたよ?(笑)
でもあっさりとニナへの愛情は家族愛だと言い切っちゃったなー。
これではニナのハッピーEDってないじゃないかよぅ。

まるで水銀燈のようにブチ切れながら攻撃してくるトモエさんに笑った。
こんなヘンな役ばっかだな、田中理恵・・・。
幼児プレイでシズルから力を吸収しまくっているので元気百倍ですね!
多分25話あたりで捨てられるんだろうけども。

トモエたちvsアリカの空中戦で
ついに俺の見たかった舞乙が開始したのですが、
それ以上に燃えたのがミユの参戦ですよ。
ヤンマーニ臭のする挿入歌がかかりながらのミスリルドレス起動。
前回同様の強さを見せ付けるミユがたまらんがな。

そしてハルモニウムを起動させたことで突然現れ、
重症のセルゲイ見て暴走するニナに向かって更なる力を解放するミユ。
なんじゃあーアリッサお嬢様の遺伝情報で認証されるってー。
黄金の剣がかっこよすぎてたまらないんですがどうにかしていただきたい。

他にもカルデア戦でその強さを魅せてくれた頭領と愕天王や、
やっと登場する前作主人公のマイなどなど
残り4話にしてヒートアップしてまいりました舞乙!!

ちなみに今回一番燃えたのは己の覚悟を口にして叫ぶマシロでした。
本当に成長したなぁ・・・と感動した。
そしてセリフが大魔王バーンを目の前にしたハドラーと親衛騎団にダブって
物凄い良かったわけですが。
どうせ俺が死ねばそいつらも死ぬ! 俺の部下に死を恐れる腰抜けなどおらぬ!!

灼眼のシャナ 22話
あのさ、いくらなんでもシュドナイが変態すぎるよ・・・(笑)。

ヘカテーが喘いでいたぐらいしか中身を覚えてません(ぉ
がちゃがちゃとオリジナル展開してますが
なんか別段盛り上がってないかなー。
【2006/03/10 21:44】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日はかぼちゃの日です(ぇ
くそっくそっくそっ!
この田舎じゃリリカルなのはビジュアルファンブックがまだ売ってねえ!!
おとなしく明日まで待てばいいのかジョジョ。




空ノ鐘の響く惑星で 10巻(電撃文庫)
空鐘も10巻目ですよ~。

初っ端から突如として始まるかぼちゃの祭り。
ひゃっはー! いっつぁしょーたいぃぃーーーむ!!
これでもかといわんばかりの怒涛のパンプキン攻めです。
容赦なし。渡瀬草一郎、その攻撃に容赦は一切なし!!
これが某人気投票の締め切り前に発売されていたら
もしやウルクを破ってパンプキンが1位に輝いたんじゃないでしょうか。
これがあれば20票ぐらいは軽く跳ね返せたと思うよ。

今回も政治の話をメインに見せかけた
ウルクとリセリナのフェリオ争奪戦のお話でした(苦笑)。
ああもう、読みたいって言う話を良くわかりすぎですよ!
こんなウルクの話読みてーとかこういったリセリナのシナリオ見てぇーとか
そんなシチュを惜しげもなく展開ですよこんちくしょう!

そんなコイバナもしつつ
アービタ・スピリッツの謎をやったり
リカルドとフェリオの戦闘シーンで魅せてくれたりと
相変わらずの魅力満載さが最高に大好きです。
ありがとう、この小説最高に面白い。

他にもいいツンデレなイリスとか
新キャラ登場で既にカップリング成立とか
イカすおじさまシュタインベック・クーガーとか
今迄の2枚目から一転して神姫のまえでかたなしのカシナートとか
もうすっかり新婚なブラドーとソフィアとか
色々と見所ありすぎてどう褒めていいのかわかんねーぐらいに面白かったデス。
キャラは今回またしても大量に増えましたが、
それが気にならないぐらいに楽しめてるのでなんだっていいんだ!

あ、ちなみに今回一番笑ったのは
ふと外を見たときに目に入ってしまったという
楽しげに手を振る街頭のかぼちゃ頭でした(笑)。
ダメなんじゃよ・・・このラノベの3割はパンプキンでできてるんじゃよ・・・。



本日のBGM:Snow Rain(TVアニメ 魔法少女リリカルなのはA's 挿入歌)
【2006/03/10 00:14】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
愚問だな。太陽に向かってアナタは太陽ですかと聞いているようなもんだ。
「愚問だな。」と聞くと
「俺は誰よりも速く走れる男だぜ!」と
返してしまうストレイト・クーガーが好きなペットです。

それにしても黒岩都知事を見ようとカブトをなんとなしに見たのですが、
やっべ、割と面白いやん。
来週からまじめに見ようかしら。

他に買ったものはまた今度。


田村ゆかり *Cutie♥Cutie Concert*2005 DVD
ゲマズでげとー。
これほぼライブDVDの発売日が待ち遠しかったのは初めてです。

2枚構成なのですが、
まずは11月のCutie♥Cutie Concertを見たです。
いや~・・・ゆかりんはいいね。うん、いい。
改めて自分がゆかり王国の国民だと実感できました。

会場がピンク色で埋め尽くされていることに安心感を覚え、
アップでゆかりんが見れることに喜びを覚え、
そして次の王国行事のために振り付けを覚えます。
Amazing kissの振り付けは完璧にして5月のツアーに挑みたいものさ。

ブックレットでもゆかりんがコメントしてたりしますが、
5番目のアリス風衣装こそがやはり素晴らしい。
さりげない胸の強調とかよろしいんじゃなくて!?
こーいうちょいファンタジー入ったドレス系の衣装着てる
ゆかりんが一番可愛いですなぁ。

コンサートの光景はほぼ全部入っているため
やっとDVDで落ち着いて見ることの出来た振り付けが結構あったり。
Sweet Darlin'なんて、かなりリウム振った記憶があるのに
これがはじめてのDVD化ですよ。
カウントダウンが初出撃だから・・・都合4回は跳んでるんで
もう完全に見慣れた光景と化してました(苦笑)。

さ、次は去年の春ツアーダイジェストを見るか。
Sweet Darlin'→ロマンセの神コンボが省略されていて
かなり悲しかったのですが、ダイジェストだし仕方ないかあ。
それよりもカウントダウンをDVDで見たいのですが、叶わない夢なのだろうか。

姫様ご用心 プロローグソングCD
新谷良子の新曲ですからー。
作品には興味なくても2kを払ってしまうのですからー。
たとえそれが1曲のためでもですからー。

作曲&編曲がR・O・Nで
バリバリにいつもの新谷良子曲でした。
これもライブだったらかなり跳べそうな曲ですよ。

まだかなあ、3rdツアーの発表。
31日のバースディイベントで発表されると信じているのですが、果たして。
個人的に2ndアルバムはかなりのヒットでしたので
ニューアルバムの発売にも期待したいのですがね。

蒼穹のファフナー メモリアルブック
RIGHT OF LEFTもちゃんと収録されてました~。

なんだろう、どうしてダイジェストで読むと
前半パートは面白いアニメのように思えるのだろう。
この文章にだまされて見ちゃうと大変なことになるような。
12話のゴウバイン登場によってなんとか面白さがスタートするアニメですからねぇ。
でも前半に色々と伏線があるため
見てないと後半が楽しめなくなるワナも存在しますが。

読んでるとファフナーをもう一度見たくなってきますなあ。
長いけど、1話からまた見てみようかな。


本日のBGM:Fortune of Love(ゆかりんの曲より)
【2006/03/07 22:36】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
レナス始めちゃった・・・。
おかげで徹夜ですよ。ここ2ヶ月ぐらいゲームで徹夜ばっかやな俺。
8時間プレイしてあっちゅー間にチャプター4まで。
レザード・ヴァレスはじっくり味わうつもりですよ?

Fate/stay night 9話
ライダーさんの尻がエロいわけですが。

かなりFateアニメにしては戦闘シーン頑張ってた。
小次郎の刀の動きとか、ランサーの兄貴に比べたら
凄くよくなってた。よかた。
これであのままのレベルだったら辛かったところでしたよ。

ただいまいち燕返しの凄さは伝わってなかったような。
なまらすげぇ技なんだーとセイバーが説明しても
映像的にはただの3回斬にしか見えないのですから。

あーそれにしても風王結界が今回一番燃えました。
あれはすげえや。
まさに作中の表現通り『暴風が荒れ狂う』猛烈な空気の奔流。
視覚からも説明からもその凄まじさが伝わってくる、
渾身の出来であったと俺は思いました。

これならば、エクスカリバーにも期待が出来ようというもの。
BGMとかはオリジナルが流れましたが、
あの迫力で「約束された勝利の剣」を流されたら
それだけでこのアニメを見れて良かったと感動するかもしれぬ。

しかしお話としては完璧にセイバールートに戻ったのですが、
そうなるとキャス子さんの活躍の場面がこれで終わってしまうのでありますよ。
鮮血神殿とベルレフォーンが終わったら突如UBWに帰って
宗一郎&キャス子さんへ凛と一緒に闘ってくれませんか。
それを見たい。激しく見たいのですよ。

来週からやっと士郎の修行編。
ああ、ようやく土蔵での鍛錬を思い出してくれたのですねシロウ。
深夜の嫌味を言いに来るアーチャーも見れるようなので、
こいつぁまたしても面白さを期待できますね!

それにしても、セイバーの鎧解除状態はネタバレだから止めて欲しかったなあ。
凛EDのCGも惜しみなく使ってたし、
セイバールートラスト部分のCGも再現してくんないの? うぬぅ。


本日のBGM:Shiny merry-go-round(ほっちゃんの曲より)
【2006/03/05 21:22】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
レナスをプレイする時間がありませんが。
つーか迷い姫のCDも買ってくるの忘れた・・・。

灼眼のシャナ 21話
シュドナイのロリコンっぷりが異常なんですが
どうにかなりませんか(笑)。

完全なオリジナル路線へと突入。
「大嫌い」でヘコむヴィルヘルミナは完璧になしとなってしまいましたが
まあこれはこれでよいかと。

それにしてもオリジナルの坂井悠二君は
原作と違ってシャナに恋愛感情を抱いていない?
共に闘う仲間じゃなくて道具としてしか見られていないことを悲しんでたけど
そこは場の空気を読み取れよと。

シャナは吉田一美を選んで一緒に行くのがイヤだったんでしょうがー。
道具扱いされることを嘆くよりもまずシャナの気持ちに気付けよぅ。
こっから恋愛要素がなくなっていきそうですな・・・。
これほどの朴念仁ではダメすぎだわあ。

仮面舞踏会の目的は原作のとむらいの鐘みたいな感じかな。
巨大な存在の力を用いて新しい存在を生み出すような展開です。
どうオチを付けるのかが注目なんですが、果たして。

舞-乙HiME 21話
予告編が面白すぎます。
関俊彦が壊れた・・・(笑)。

王として覚醒を果たすマシロ。
ストーリーがわかりやすくてええですなあ。
前回の予告でも使われていた月をバックにした
正式なオトメ契約の儀式。結構来るものが。

それにしても、ニナと王家のヒントはわかりやすすぎるだろう。
あれで関連性に気付かないヤツがいようかと。
でもそうするとアリカは蒼天の誓玉をどこで手に入れたのかな。
【2006/03/03 20:43】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
近くて遠い明日。


CALENDER
02 | 2006/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RECENT ENTRIES
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in アイプラザ豊橋(10/24)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in パシフィコ横浜 国立大ホール(二日目)(10/23)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(二日目)(10/06)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(一日目)(10/04)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 仙台サンプラザホール(09/28)
  • RECENT COMMENTS
  • チェリー(10/07)
  • をつこ(07/08)
  • 飼い主(03/04)
  • ぺっと@管理人(01/24)
  • あらやまつみ(01/24)
  • 秋田の人(06/15)
  • かいぬし(05/27)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 魂は永遠に彷徨う(声優とアニメの情報ページ):11/10 本日の声優、アニメ情報(11/10)
  • 気になるキーワードでブログ検索!:【Animelo】についてサーチエンジンで検索してみると(09/02)
  • ARCHIVES
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (3)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (4)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (7)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (6)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (12)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (17)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (19)
  • 2006年02月 (22)
  • 2006年01月 (17)
  • 2005年12月 (19)
  • 2005年11月 (16)
  • 2005年10月 (24)
  • 2005年09月 (15)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (14)
  • 2005年06月 (20)
  • CATEGORY
  • 同人 (4)
  • イベント (89)
  • その他 (56)
  • アニメ (110)
  • マンガ (43)
  • ラノベ (31)
  • ゲーム (24)
  • 未分類 (1)
  • LINKS
  • 田村ゆかり公式ホームページ
  • 黒うさぎの小部屋
  • SEARCH

    PROFILE
    ms_ki
  • Author:ms_ki
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。