スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ライブ速報キター。
メロプリから会報来ました。
ライブ日程の公式発表ですっっ。

追加公演はどこでかなー。


5月4・5日 東京
5月13日  大阪
5月19日  名古屋
5月26日  福岡

東京連戦ですか。仕事大丈夫かな。
とりあえず3月の異動で地方都市へ飛ばされなければ
5箇所のうち福岡以外は行けるとみたッッ!!
とりあえず飼い主は5月4日と5月5日の
どっちが日程の方がいいのか報告するように(ぇ

しっかし5会場回る・・・すげぇ・・・。
絶対神奈川か千葉で追加公演あるんだろうし、
想像では6会場で開催か。
1回につき6000円かかるから、全部チケ申し込むと3万6千円。
なんだ意外に安いな。
これなら冬のボーナスつぎ込めば出来ちゃうとみたー!

あとはホント、3週間後の異動で
面白いトコロに飛ばされなければ全部行ける。
というか行く! なにがなんでも行ってやるッ!!
そのために移動費・宿泊費・グッズ購入費で20万は用意しないとなあ。
地方民にとって都市開催は辛いですわ、ほんま。


本日のBGM:Cutie♥Cutie(ゆかりんの曲より)
スポンサーサイト
【2006/02/28 22:11】 その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
6畳の部屋が10畳ぐらいになる魔法、ないもんですかねぇ。
物が溢れてタイヘンなことに。

Fate/stay night 8話
いきなりFateルートに戻りましたよ・・・。

先週までUBWとHFが混ざり合ってた話だったのが
今週はいきなりFateルートに戻りました。
てゆか全部話の流れはそうじゃなかったかと。
凛が衛宮邸に滞在するくだりとか、まんまだし。

しっかし、セイバーと士郎、仲が悪いなあ(笑)。
バーサーカー戦以後、まともに修行してないし
道場でセイバーと稽古したこともないし
仲がいいのは実際今のところ凛だしでこんなので大丈夫なんか本当に。
アニメじゃ全くセイバーと士郎の交流が4話以降なかったのね。

セイバーの変身とかかなり良かったですね。
コミカルな場面でもセイバーさんは思いつめちゃったりして
これじゃあセイバーさんじゃないみたいじゃないですか。
まるで騎士王みたいだ(ぇ

作画は今週も好調だったし、
この勢いで来週から始まるバトルモードへ行って欲しいもの。
柳堂寺での小次郎戦が来週で、その次が鮮血神殿。
それが終わったらついにベルレフォーンvsエクスカリバーですよぅ!

予告では唸る風王結界と炸裂する燕返しが
ちょびっとでも見れて期待度が高まりますデス。
キャス子さんも出るようですしね。


本日のBGM:Wing of Destiny(PS2ゲーム ギャラクシーエンジェルⅡ OP曲)
【2006/02/26 21:08】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
やべ、金使いすぎだお。
ゆかりんのために貯蓄しないといけないというのに。
なんか気付いたら今日だけで2万とか使ってますよ俺?
まだガンソードファンブックとか買ってないものいっぱいあるのに、
このままやってたら来月のヤダモンDVDの頃には破産してしまいそうだお。

hm3は奈々ちゃんのライブ満載でご満足です。


魔神英雄伝ワタル メモリアルブック
いやーもう、懐かしすぎて涙が出そうに。

TV版だけじゃなくてOVA2作もきちんと網羅してくれているので
かなりマイナーな皇帝龍とか載ってますよ。
懐かしいねえ、皇帝龍。
金色のパーツ集めるために欲しくもないヤツ買ったっけ。
そして合体させて龍にしたはいいけどそのうちパーツがどっかにいって
せっかく集めたのに合体できなくなっちゃうとゆー苦い記憶。

シナリオはとにかく一番最初が素晴らしかったやね。
ワタルと虎のぶつかり合いとか、ドンゴロの死とか、
第4クールに入ってからがものっそい盛り上がりでしたよ。
ラストの神部七竜神の集結で燃えないヤツはおるまいて。

2は、1期と比べて画像のクオリティが上がってたんですが
強引に虎再登場とか海火子のようわからんさ加減とか中盤の星の王子様とか
ちょっとごちゃごちゃしてたかなーって記憶が。
魔界シバラク先生と対決しなくちゃいけないワタルは良かったんですがね。
ロボも1期に比べてかっこよくなりましたから。
2の方がよく買った覚えがありますしね。
龍星丸のデザインはかなり好きなのさ。あのオレンジ色基調のボディが良い。

超ですか? なにそれ、食えんのか?
食えねーよッッ!!
界層ごとに神様がいてそれを解放する毎に龍神丸の変身バリエーションが増えるのは
アイディアとして面白いなーと思ってみてましたが
それ以外は・・・もう・・・。
虎はいるのにいなかったことにされるクラマと海火子にがっかりだ。
最終戦のリアル頭身龍神丸もいただけないねぇ。

ワタル4までずーっと付き合っていた身としては、
4までやっといてそれをごく一部だけ限定してあったことにして超をやられたので
そこまでの積み重ねなしでこんなシナリオかよ! と不満爆発。
ドルクの話とか、いい部分もあることはあるけど・・・。
主題歌もa・chi-a・chiじゃなかったからなあ。
いかんせんマイナス方向への補正が働きすぎていい思い出がねぇや。

しっかし、詳細に全話載っけてくれてるんですが
ここまでやるのならもう一歩踏み込んで
ワタル3・ぼく虎・ワタル4も載せて欲しかったところ。
や、音声だけで映像媒体ほとんどないやんけと言われたらそこまでだけど
ちょろっとでもあればうれしいものなんですよ。

とか書いてるうちに無性にワタル見たくなってしまう。
4月にはグランゾートのメモリアルブックが出るっていうし、
その時には同じようにグランゾート見てぇって言うんだろうなあ。

ぱすてるチャイムContinue ビジュアルコレクション
イラスト集とかではなかったワナ。
ていうかサブキャラだけでやはりゲームを作って欲しいなぁ。

FOX出版が作ってましたけど
ノリとしてはエンターブレインのファンブックに近い感じ。
CGとか、もうちょっとまとめて読みたかったかな。

そして最大の期待としてぱすチャ無印のCGが見れる! と思っていただけに
ほとんどなくて泣いた。
ああんまりだぁぁ~。
思わず泣かなければ取り乱してしまうところだったよ。

ギャラクシーエンジェルⅡ OP曲CD「Wing of Destiny」
って、また上松曲なんですくわ!

前情報はゲマズで今日見たプロモぐらいって感じで
勢いのみで買ってみたんですが
意外や意外、作詞作曲がElements Gardenで
結構脳髄に来る曲でした。
ただ、明らかに歌いにくい曲だあとは思ったけど(苦笑)。

あー、もうちょっとで出るんだなあ、GA2。
プレイする暇とか無理にでも捻出しないとなあ。
でも今回PS2版が先に出ちゃうから、がっかり風味。
PCでマウス使いながら指令だすのがリアルタイム気分でて楽しいのに。


本日のBGM:エール(ラジオドラマ 魔神英雄伝ワタル4 OP曲)
【2006/02/25 20:18】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
関係ないですが、hm3を買ってないよ俺。
いまだ未開封のアルネトリコをみながら
アビスはいつ終わるんだろうと遠い空を見たくなります。
まだ終わらん・・・一日2時間ぐらいしたプレイしてないからなー。


灼眼のシャナ 20話
かなーりなオリジナルですが、面白いからいいや。

和解がないのですれ違いっぱなしな悠二とシャナ。
そこに登場するヴィルヘルミナは原作9巻のままの目的であるからして
坂井悠二が来週にでも消滅する危険性が! 主人公なのに!!(笑)

オリジナルの上に8巻が削られちゃってるので
吉田さんの告白もあっさりと超えて街を出る覚悟までしてしまう悠二。
なんか地図を眺めたり夜中に散策したりと
別れのための準備をちゃくちゃくと一人でやっていて泣けた。
君その行動全部空回りですよねぇ。

そして意外にも御崎市からいなくなっちゃうマージョリーとマルコ。
どう考えても御崎市に仮面舞踏会のトリニティが攻めてくるのが
アニメ展開だと思われるのにあっさりといなくなっちゃいましたよ!?
あれか、最終回ちょっと前ぐらいのピンチ時点で颯爽と戻ってくるんでしょ。
そう信じたい。マージョリーに出番このままなしで終わるシャナアニメはいやすぎ。

あと個人的にはママンにやり込められるヴィルヘルミナがなくてがっかり。
反感を覚えるとこまではやってくれたけど、
『わかってるつもりで話す』とかなかったよ・・・。
認めた上で、破壊することを選択してこそ
サブタイの「非情のヴィルヘルミナ」ががっちり合ってくるんではなかったかと。

このすれ違いが続く中でどうやってヴィルヘルミナを退けて
悠二とシャナが和解すんのかなー。
そっからラストにつなげていくんだろうけど、
まとめ方に期待したいもんですよぅ。

舞-乙HiME 20話
わりとあっさりと乗り越えたなアリカ。

オトメは正義の味方だと言い切ったアリカ。
そうか、正義の味方になりたかっただけなのか。
そのままいっちゃってたら衛宮士郎のように道を間違えちゃうから良かったな!
それにしても御頭がかっこよすぎて困ります。
ゆかりんの演技がええわあ~。

本編はアリカの決意とか御頭とかそんな感じ。
しかしそれ以上にシズルの腹黒っぷりが印象に残りすぎて。
ああ、ぜってー利用するためにトモエと寝たよこの女!(笑)
黒いよぅシズル。さすが前作で容赦なく虐殺を実行した女だ。
【2006/02/24 21:30】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ゼロの使い魔ネタバレトークで入り。
ゼロの使い魔読み返すと、
コルベール先生が赤いルビーしてたりするんですが。
どういう伏線ですか・・・?
あと「微笑んだのが2回目」は、性格反転を除去してなんだろうな、うん。

特典DVDの絵がこのみでかなり当たりですよ奥さん


魔法少女リリカルなのはA's DVD2巻(初回限定版)
残り2枚になってまいた・・・。
危なかった。
もう少しで杖ボイスを手に入れられないところでしたよぅ!

変更点は5話のプラズマランサーのエフェクトの進化ぐらい?
なんかかっこ悪かったのが直ってて燃えた。
それ以外はほぼ同じだったし
本編については放映時にくどいほど書いたので書きませぬ。
つーことでやはりメインはやはりライナーノーツの設定。

なのはとフェイトのバリアジャケット、
ちゃんと名称ついてたんですね・・・。
なのはのセイクリッドモードの説明よりも
フェイトのライトニングフォームの説明とそれに伴うバルディッシュアサルトに燃え。
リソースの割り振りとか、いつも通りに魔法少女じゃない設定解説がまたいいさ。
1期のときもそうだったんですけど、
この濃い設定を読むためにDVD買ってるといっても過言じゃねーな。

あとは、ブリッツラッシュの説明が読めて
やっと10話のブリッツラッシュに納得がいった。
別に弾だけ加速してる魔法じゃなくて、
バルディッシュアサルトの加速魔法全般をブリッツラッシュというのね。
なんでフェイトがブリッツラッシュで加速したのか謎だったので。

しかし改めて4話の変身シーンは燃える。
システム換装のため初回起動で再インストールしてるときの英語とか
問答無用に燃えてきてしまうわけですが。
俺もあんな杖ほしいよぅ。

声優コメントはヴォルケンリッター勢ぞろいでしたが
これだけ女性声優しかいない中で一人いた一条さんの辛さが偲ばれました(苦笑)。
年代同じような声優が毎回10人ぐらいそろってたわけですし
さぞかしやかましかっただろうな、とか。

ガン×ソード DVD5巻
カイジ、サイッコー!!

キャプテンカイジのヨロイの名前が
「サンキュー海サイッコー号」とバカバカしく書いてあって
もうそれだけでこのDVDを買った価値があったと瞬間悟った!(笑)
キャプテンカイジがDVDで見れるだけ。
それだけのことがなんと幸せなことか。

でも、どうしてオーディオコメンタリーが9話なんだよ!
ここは10話で小野坂昌也がどれだけ裏で暴走してたのかを
30分丸まる使って喋り倒すのが脚本家の務めではないか!
そこだけが非常に悔やまれます。

CLANNAD PS2版(初回限定DVD付)
予約してなかったけどDVDげとー。
や、ほとんど割引されないけど特典が付いてるとゆー店で買ってきたので。
・・・予約大目にいれちゃってはけないから余ってるんだけどね。

で、全部クリアーするには200時間必要と銘打たれた
ヲイヲイそれは俺にはクリアー不可能かいって感じのPS2版ですが
どうしても手がつけらんねえーー!!
だって、アビスクリアーしないとなぁ・・・プレイしてないけど(ぉ

アビスのノベライズがついにスーパーダッシュ文庫で起動してしまったために
ついにクリアーまでの制限が付いてしまった状態でさあ。


本日のBGM:Super Special Day(ゆかりんの曲より)
【2006/02/23 22:20】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
封仙娘々追宝録の最新刊が見当たりません。
買ったはずなのに部屋で発見できません。
どうしたものか。
誰か俺の部屋を掃除して見つけてくれる人ぼしゅうちゅう(ぇ

アニメのキャストって発表されたっけ?


ゼロの使い魔 7巻(MF文庫)
戦の話ばっかやのう。
ま、だからこそシリアス話が栄えるわけですが。

貴族と普通の人が考えてる『名誉』の差。
それは良くわかるんですが、そこでまたルイズと才人のすれ違いやるのはなぁ。
告白までやったのにまだやんのかよ! みたいな。
様式美というか、お約束みてーなもんですが。

で、そんなことお構いなしにかまされるシエスタさんの攻撃ターン・・・ッッ!!
もういいよルイズ諦めてシエスタにしよーよ才人。
いやもう、後半戦のあの攻めでついにやっちまうのかと思った。
しかしヤらない才人君。
ええいてめーはどこのギャルゲー主人公だあ!!
シエスタさんの怒涛の攻撃が始まった途端正座して読んだというのにぃ!

ルイズも攻めることは攻めたけど、
猫耳とか・・・正直微妙。
戦争してんのにそりゃねーよとか思っちゃったし。
っていかん。いつの間にかルイズ派からシエスタ派へと転向してしまいそうだ。
それほどまでにシエスタの攻撃は凄かったデス。
ブルーアイズ3体をも退けてしまうエクソディア降臨って感じだ!

そしてそんなシエスタさんの攻めの後に展開される
才人君の敵陣単身特攻。
もう問答無用に燃えて泣けた。
結婚式で決意して突っ込む姿にマジで泣けた。
死ぬのがイヤだと散々7巻の中で叫んでいただけに
その特攻する姿が実にかっこよかった。

さて、シエスタと才人の話はここいらまでにして
まじめに伏線の話でも。

まず今回出てきた新キャラ・ジュリオ。
エピローグから考えるとヤツがヴィンダールヴなのでしょうね。
つーことはおそらくシェフィールドがミョズニトニルンかな。
始祖ブリミルが連れていたのはガンダールヴだけじゃなかったってーことか。
じゃあ、ラストに出てきたティファニアさんは・・・なんだろ?
戦争の展開と併せて進行する始祖の謎。
こいつぁまだまだ続くってことなんだろうかー。

あと突然クロムウェルが雑魚になって死んだのが泣けた。
2巻からずっと頑張ってきた悪役なのに、
突然7巻になってタダの情けないオッサンと化すのはあんまりじゃないかね。
クロムウェルの代わりに今度はガリア王のジョゼフが黒幕に操られている人になるようで、
ジョゼフもクロムウェルのようにバカみたいに死んでくんだろうか。
道化役が変更されただけで戦争は続いていくのが、ちょっと悲しかった。

才人君はすぐにでも復活しそうですが
ルイズやシエスタと合流するのはまだ先の話になりそうな予感。
再開の喜びにまかせてルイズとシエスタには
オモワズ正座してしまうぐらいの攻撃を見せて欲しいもんです。
【2006/02/22 22:47】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ゆかりんのツアーを妄想して過ごしてます。
どこまわるんだろうなぁ・・・。
札幌でも福岡でもどこでも行くけど、
願わくば俺の地元でもやって欲しいものです。
いや、ないとはわかっていてもいいじゃないですか! 妄想してるだけだし!

ふつーの本屋には1冊もなかったよ。


魔法少女リリカルなのはA's THE COMICS
特典カードは1冊につき1枚なんですかと聞いて見たら
1冊買うだけで3枚セットになってると教えてもらえたので
フツーに1冊だけ買いました。ゲマズで。
きっと明日はDVD2巻と一緒にメイトで買ってるだろうな・・・。

マンガは毎月立ち読みしてたから
感動するようなことはいまさらありませんが
まとめて読めるのはやはりよいことであります。
てゆーかこれ読んでるとどうしてもなのはA'sを見たくなるんですよー。

書き下ろし部分は本編ダイジェストの2ページと
巻末のコメントぐらい。
しかし巻末にて都築氏は原案だけではなくネームまで切っていたようで。
アニメの脚本もやりながらネームもやってたとは・・・すげぇ・・・。

それにしても、特典カードの絵が素晴らしい(笑)。
その脱力感がたまりませんね!
あと、カードに書かれてるセリフですけど
フェイトがブレフェニ2番、
はやてが11話挿入歌Snow Rainからだとはわかるんですが
なのはのセリフがわかんねぇ・・・。
リトウィッシュでもすぴちゅあでもないし、SS1のIM曲BRAVE HEART'Sでもないし。
1期のIM曲、Flying high!でもないし、なんなんだ・・・。
【2006/02/21 22:58】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ツアーキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
大本営発表ありッ!!

ゆかりん、ツアー決定ッッ!!!

いた黒にて発表だこんちくしょー!

もうアイマスとかうつつをぬかしている場合じゃないです。
これから2ヶ月は確実にライブモードへと突入ですよ!

あーもー風邪引いてるどころじゃねぇ!
今からまずDVD見てこの高まったテンションをおさめねーとぉ!!

色々行くとゆーからには、
全部行くね俺!
職を辞める覚悟でいってやるさ!!
【2006/02/19 21:55】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
やべ、なんか熱が下がらん。
明日休んでもいいですかーって具合になってますが
ほっちゃんライブでウソ病欠ボムを使ってしまったので
思い出ストックない俺にはもうどうしようもありません。
って微妙に間違ったアイマス用語の使い方しないように俺。

アイマス話とか。
結局今日は遠征できなんだ・・・。

来週にプレイはお預けになっちゃいましたが
多分来週で引退コンサートやるんだろうと感じてます。
だってなぁ・・・雪歩やもんなあ・・・。

能力上昇率が低くテンション減退激しいキャラだとは聞いていたけど
実際に体感してみると驚愕の辛さだなこのやろー。
選択肢がちょっと違うだけで一気に下がり続けたりするし。
曲の減衰が遅いとゆー利点はあるけど、プラマイで見るとマイナスですよねぇ。

そんなわけでランクDまでやってきたのですが
リミット4週で残り6万人とか正直うちの雪歩には不可能ですからー!
どうあがいても引退なんだと感じてます。
ただ、1stプロデュースだし、俺が悪い部分もいっぱいあるんだろうし、
反省点も多々あるんで男は黙って次への模索です(まだ終わってねぇよ)。

というかランクDに上がるときも大変やったとです。
どうしてもEF限定3万に勝てそうになかったから
知識だけしかなかったジェノサイド狙って他の二人を蹴落としたし(ぉ
どうあがいても能力的に劣ってるからそれぐらいしか勝つ方法がなかったんよ・・・。

で、初めてアイマスをプレイしてみましたが
聞いてたよりは羞恥心が働かないような。
・・・それはきっと場末のゲーセンでやってるから人が寄りつかねーせいだろうとか
思わなくもないのですがさておき。

ノリがやっぱ昔のギャルゲー的だからしっくりと適合できる感じなんですよぅ。
ああ、こんな風なゲームを学校から帰ってきて
一生懸命プレイしたもんだぁ、と懐かしくも思ってしまう。
こーいうゲーム最近やってないから楽しいのです。
萌えのシナリオばっか読ませればオタは満足するってわけじゃねーんだよ! みたいな。

まあ今のところゲームへの不満は出てこないですなあ。
あるとすれば、地元に台がないこととレッスンでぱーへくとを一度も取れないことでしょうか。
後者は俺の腕前がヘボいからだけですけど、前者は・・・(涙)。

プレイするために遠征しなければならないのはキツいっす。
ネットワーク使用してる上に回転率と集客力が弱いから
あまり田舎のゲーセンに入らないんだろうな~。
昨日俺がプレイしてた6時間強の間にアイマスの台に接近したひとはいませんでしたから(ぇ


本日のBGM:魔法をかけて!(アイマスの曲より)
【2006/02/19 20:54】 ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) |
アイマスするために遠征してました。
ついにてにいれたぞ ねんがんの ぷろでゅーさーかーど。

キャラはゆりし~だから雪歩で。


アイマス、すごいお金食べるゲームですね・・・。
これは・・・すごい・・・。

Fate/stay night 7話
セイバーさん、腹ペコしか出番ない・・・。
7話にしてもう既に騎士王じゃねーよ。

衛宮邸にて遭遇する桜と凛。
その後学校で桜に士郎がフォロー入れてたし、
ひょっとしたら後半で桜が黒化したりするのか?

FateルートかUBWルートだと鮮血神殿が発動した辺りから
桜さんはもはやモブキャラですらなくなっていったと記憶しているので
不要な部分を極力削除してまとめてるアニメ版で
桜へのフォローをちゃんと入れるってコトは・・・と、勘ぐってしまう。

今回は作画がかなり回復したので
見ていて楽しかったですねー。
このレベルでこの先にあるであろうセイバーvsライダー戦を
きっちりとやりきって欲しい。
主にペガサスのベルレフォーンとエクスカリバー。

しっかし、学校探検の最中の男子トイレのコメディ描写みてると
こんな風にガンド撃ちもできんかったのかと残念に思われます。
コミカルもちゃんと無理なくできるやん。
なんで5話のときはああなってしまったのか・・・。

で、なぜか次回から凛も衛宮邸に住まうようですけど
これってUBWルートでこんな展開だったか?
なんだか色々と混ざってるもんでどのルートの話で来てるのかわかんなくなってしまう。
まあ次回予告見る限りではまだ鮮血神殿の発動はないみたいですけど。
早くツバメ返しとか喋るキャス子さんとか見たいのじゃよー。


本日のBGM:FirstStage(アイマスの曲より)
【2006/02/18 21:26】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
あったかくなったと油断していたらこの冷気。
血も涙もねぇな・・・。

灼眼のシャナ 19話
大分シナリオが変わってました~。
でもこっちの方がつなげ易いといえばそうかも。

カデシュの心室を発動するところまでやるか?と思っていたら
一気にカムシン編を全部消化してしまったのですが
そのためにかなーりのオリジナル展開へと。

まずカムシンの過去はばっさりとカットされ、悠二とシャナの和解もなし。
駅への佐藤単身特攻も消滅でドリル列車もカットだちっくしょーめ!
でもその代わりダンダリオン教授とドミノが面白かったから許す。
意味のない変形と、それに対するマルコシアスのやる気のないツッコミが素晴らしい(笑)。

残り6話しかないから、オリジナルでまとめようとしているのでしょうが
そのためのオリジナルが今回はむしろ高評価できると思いました。
確かに変わってはいたけれど、すんなりと受け入れられる内容で
必要な部分はちゃんと残した上でオリジナルEDへ向けた展開を始めているため
違和感などあろうはずもなく。

なによりオリジナル路線を助けるかのような教授&ドミノのナイスキャラ。
活字の数倍好きになれるんですけども(笑)。
爆発してアフロになるとか、お約束加減もまたベネ。
儀装の駆り手で一発撃沈するのも美しい様式美でありました。

しかし悠二とわかりあえないまま傷心のシャナですが、
そのシャナの前にまさかのヴィルヘルミナ登ッ!場ッ!!
物凄い急展開だ・・・後6話しかないから当然だけど・・・。
この速度だと坂井パパンは出てこなそうだのう。

舞-乙HiME 19話
17歳の連呼はどうなんだろう。
予告ではきっちりお姉ちゃんがやってくらましたが(笑)。
そろそろ世代交代でお姉ちゃん17歳がわからない人とかでてきそうですよね。

子を設けたオトメはジェムを生み出す母体となれるのでした。
ああ、そうなるとオトメの力ってやはりチャイルドの流れなんですね・・・。
そこら辺の関連する話をやってくれるのかどうなのか。

アスワドの皆様は本当に素晴らしいもののふでした。
ヴィントブルームの何倍もいい国だなぁ。
ミドリちゃんのお頭っぷりがまたいいんだ。
このままアスワド共闘路線で行っていただきたいもの。
・・・しかし、事情を説明してガルデローベに協力を要請すればよかったんでわ、
とか思ったらダメなんだろうなきっと。

マシロの成長とかアリカの立ち直りとか期待してますが
ナツキとナオのtiarawayコンビによる出番が減りそうで寂しい。
このまま競演によって想いが変わって
まさかのtiaraway復活とかありませんかないですかそうですか。


本日のBGM:Destination(Janne Da Arcの曲より)
【2006/02/17 21:21】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
仕事帰りの映画っちゅーのもまた不思議なもの。
今日たまたま帰りに映画館寄ったんですよ。
そしたらスキージャンプ・ペアの上映が
明日までだって言うじゃあないですか。
もう見たね。そして今日の晩メシはポップコーンなのさね。

飼い主は見たのかな?


スキージャンプ・ペア
もうアホかと(笑)。

とにかくどうやって映画にしてるんだろうって考えながら
開始を待ってたんですけど、
始まって見たら実に上手いなぁと思わされました。
スキージャンプ・ペアの歴史をNHKドキュメンタリー風に見せるとわッ!(笑)

まったく馬鹿馬鹿しいことでもそのドキュメンタリー風味の雰囲気に惑わされて
全部本物っぽく見えてきてしまうのが不思議すぎ(笑)。
ランデブー理論とか一瞬たりとも信じかけたりしませんがあ!

そして最大のキモはアントニオ猪木。
ダメだ! これ以上はネタバレやからいえへんッッ!!
しかし、そのネタっぷりが一番笑えた。
よく出たなぁ、猪木。
その上ネタとしては一番爆発力のあるものだったし(笑)。
問答無用のビンタに惚れそうでした。

時間も80分ぐらいと
このネタっぷりにふさわしい尺でした。
軽い気持ちで見れるバカ映画(ほめ言葉)は素晴らしい宝物デス。

でも客の入りは悲惨でしたけどね・・・。
俺以外に3人ぐらいしかいなかった・・・。


本日のBGM:粉雪(レミオロメンの曲より)
【2006/02/16 21:52】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
たまにいっぱい読んでみる。
昨日一日中寝ながら
今月の電撃文庫の消費をしていました。
新人は2冊だけ購入。他は・・・。




灼眼のシャナ 12巻(電撃文庫)
結局同じような展開で引っ張るわけですね・・・。

フィレス襲来で舞台もついに最終局面へ?
と、思ったらあんまり11巻と状況が変わらないような展開だったという話。
フィレスはやってきたけどあっさりとやられちゃうし、
マージョリー姐さんはブチ切れるけど
あっさりとやられて説得に応じちゃったし。

何よりこの大事な局面でまったりと文化祭本番を
11巻と似たような感じで見せられてもなぁ・・・。
展開がゆっくりというか遅いのはいつものことなんですけど
この急激な展開を見せた11巻ラストからしてみれば
なんだか期待していた分だけがっかりした、みたいな。

そして銀。
やはりというかサブラクの仕掛けた大詩篇によって
銀が生まれるように仕掛けられていたようですが
意思は今の段階ではないようなので
単純に銀の炎を持つ紅世の徒を誕生させるのが仕組まれた自在式なのかね?
操り人形みたいなのを生み出すのが大詩篇とも思えませんが、果たして。

その代わり零時迷子誕生の瞬間はかなりよかった。
ヨーハンええキャラやなあ。本編でも是非活躍が見たいものです。
でもダンダリオン教授に話を聞こうとするのは間違ってると思うんだ(笑)。
ラビリントスの宰相に話を聞く・・・のも無理っぽい感じですが。
いいヤツだったけど、人間に心を開くとも思えないし。

あとヨーハンがチラッと言った「王を超えるソードスミス」云々のあたりって
天目一個のことですよね?
ちゅーことは天目一個の誕生に立ち会った紅世の王がいたのか。
最終決戦とかでその王が出てきたりしそうな気もしますよ~。

半分の月がのぼる空 6巻(電撃文庫)
最後までまったりというかなんというか。

みんなそれぞれに伊勢を出て行くけど、
祐一と理香は伊勢に残って時を過ごしていく、というのがあらすじ。
というか6巻の内容の全部だ(苦笑)。

一応話的には5巻で終結しているため
リバエンでいうafter daysみたいな後日談の巻でした。
でもこれはこれで悪くないかな、とは思います。
学校に一緒に行ける理香とか見たかったし。
でも途中で祐一は死ぬほど怪我するよなーと思ってたけど
最後までそんな星の下で生きていたのが笑えた。

ちなみにアニメは見てません~。
この作品を15分間の6話でオチつけようとするのは土台無理やって。
作画もあまり好みじゃないし、スルーしてますです。

狼と香辛料(電撃文庫)
挿絵がいまいちという点で新人の中では割り食ってると思うぞ?
中身は面白いんですがのう。

中世ヨーロッパを舞台に
豊作の神様と商人が一緒に旅をするお話。
とはいっても宗教色がアクセント程度に抑えられていて前面に出ているわけでなく、
『商取引』をメインに据えて読ませるのがかなり面白かったであります。

商売する場面とかで説明が長くなるのは仕方ないけど
別にその説明がクドいわけじゃなくて
必要な部分だけをきっちりと出してくれてるから
割と長文になっちゃってもさらっと理解できたし
話自体も突拍子ない話を始めたりするわけでなくオーソドックスなものから展開させているので
すんなりと話を受け入れることが出来たしで
個人的にはすごくお勧めしたくなる作品でした。

キャラ配置もよかったですしね。
年若い商人のロレンスと豊作の神様にして狼のホロ。
電撃文庫の都合上ホロは狼娘でしたが
それはそれでありじゃないかって思えたのでベネ。
続きが読んでみたい作品でした♪

お留守バンジー(電撃文庫)
こっちは大賞。

うん、特に大きな波が起きるわけでもなく、
ただゆったりと時間が流れている作品でした。
言うなれば、ARIAの雰囲気に近いか?
小さな漣が起こるんだけど、日々の事として受け入れられるぐらいで終わるって感じデス。

・・・そして、それぐらいしか感想出てこないのですよぅ。
まあ、こういうのもありですよねって気分で読みました。
他の2冊は立ち読みしたけど、重たくてゲップ出そうになったし
こういうマターリなラノベもたまにいいかもですね。

本日のBGM:もうひとつのバースディ(TVアニメ かりん ED曲)
【2006/02/12 19:34】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(0) |
一日布団の中で死んでました。
やはりライブ3連発で行くのは人の体に限界をもたらします・・・。
体痛くて動けねぇ。

Fate/stay night 6話
作画はちょっとヘタレたよね・・・。

ライダーさんやっと喋りましたけど
淺川悠のライダー結構いい感じじゃないですか。
これなら2~3話したら出るであろうベルレフォーンにも期待ができるというもの。
でもガンド撃ちで撃退できちゃったように見えるから
雑魚に見えなくもない状況でしたけども。

今回はまたしてもセリフが増量されてましたが
なんつっても最大の見所は士郎とアーチャーの対峙ですよ。
大量のセリフでしたがこれが見たかったーって気分でしたね。
ああもう、仲悪いなぁこの二人(苦笑)。
「理想を抱いて溺死しろ」は別の場面で言うんでしたっけ?
出てこなくてちょっと寂しかった。

凛ルートの話ばっかりでしたが
シナリオはきっちりとやって欲しいところ全部やってくれてたので
前回の時と違って文句は出ませぬな。

来週でいよいよ桜とタイガーの出番なくなるのか?
次の次で鮮血神殿が発動しそうな展開ですしねー。
これで桜がマスターだってHeaven's Feelのネタバレ開始したら
ある意味このアニメが神になる瞬間かもしれません。
ただそうなると収拾つかなくなりそうですがっ。

しかし誰もライダーだと言ってないのに
アーチャーはあっさりと「ライダーが~」とクラスをばらしちゃってたな。
EDテロップでもライダーて書いてあるけどさあ、
ベルレフォーンまではアサシンかもしれんってミスリードしてくれると
演出的にいい具合だったようにも思いますよ?


本日のBGM:Trust me, Trust you(やまなこの曲より)
【2006/02/11 20:48】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
人体って凄くないね。
誰か俺の筋肉痛を解消する術を知るまいか。
特に右肩から右腕。
連戦のせいで上げると激痛が走りますYO!

舞-乙HiME 18話
あの爆発の後どうやってマシロは逃げ出せたのだろうか。

アリカの話をやるのかと思ったら
じっくりと1話分マシロの話でした。
しかしダークネスな展開でしたなぁ・・・。
アオイが投身するところなんて、普通ならあそこで飛び出して
ヒーローアクションでなんとかぴんちを脱出となる場面じゃないのかい?

前半のバカ姫モードをいちいち回想に使うことで
この後のマシロの改心が見え隠れしていたわけですが
アオイの身投げのあたりなんて回想シーンと曲だけで泣かせようとする
その演出の力にやられそうでした。
ああ、舞乙ってすげぇ。

結局ニナもアリカも無事だったけど
なんだかニナニーが痛々しくて見てられません。
これじゃちょっと幸せにはなれないような。

来週はアリカがメインになるようですので、
今週久しぶりにスポットの当たったミユをからめて
伏線消化とか少しやってくれると嬉しいじゃないですか。
てゆーかミユのコードが舞HiMEのときと一緒だったということは
舞乙のミユもミスリスドレスを使用可能と信じていいんですね?

灼眼のシャナ 18話
ダンダリオン教授、声付きだとすっげー好きになれそうなんですが。
カムシン編の最後にドリル特急で突撃する雄姿を想像して期待が高まります!

ほぼ原作通りに展開されていきましたが
マージョリー姐さんの浴衣はいくらなんでもねーだろうと笑った。
はみ出しそうとかじゃなくてもう出てんだろう! みたいな(笑)

吉田一美にバレとかオガちゃんの告白とかそこら辺はあっさりと流すとして、
悠二が佐藤を助けるために存在の力を使用したけど
使った炎の色は、『銀』。
じゃあアニメのラストはバル=マスケに利用される悠二を
シャナが救出に行くっていう展開になっちゃうんですがそれでいいのか主人公!(笑)

しかし悠二がトーチとわかった後の吉田一美が怖い。
精神崩壊しすぎ。あれは不審人物すぎるなぁ。
そしてそこに襲い掛かる窮地から助けたのはシャナとなり、
先にシャナがフレイムヘイズの話が来てから悠二との話すんのかね。
キャラをいっぱい動かしているのに
オリジナルで綺麗にまとまってたのが今回好印象でした。
フリアグネのときもこれぐらいのレベルでまとまっていればよかったのにぃ。

過去編に入ってからカムシン編に突入しても
結構好調なままのシャナアニメでして、
割とラストまで期待できるようになってきました。
最初の頃とか酷いもんだったけどな・・・。
プールの回とか辛いの一言でしたしね。
というか16話からずっと異様なまでに作画がいいので逆に怖い(苦笑)。
【2006/02/10 23:51】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
堀江由衣Second Tour 2006 ”堀江由衣をめぐる冒険” in 東京国際フォーラム
2月8日、水曜日。
そのときペットは東京にいた---。

俺 イン

東京ー!




国際ー!!




フォーラムーー!!!




と、いうわけでほっちゃんツアーファイナルin国際フォーラムに参加ですよぉ~。

会場には5時半入りしたのですが、
なんといっても人の多さにびっくりした。
あんたたち、平日ですよ? 平日の夕方ですよ!?
なんでこんなに人いるんだよ! みたいな。
かく言う俺もそんな人間のうちの一人でしたけど(苦笑)。

しかし人が多すぎて物販に並んでも買えませんでした・・・。
まさか、開演45分前から並んで変えないとはなぁ・・・。
30分前に「並んでも買えないかもしれません~」とスタッフさんがアナウンスしていたのを
そんな馬鹿なことがあるかよ、と聞く耳持たなくてゴメンなさい。

で、買えなくて悔し涙を流しつつ3ヶ月ぶりのフォーラム一階席へ。
3ヶ月前と似たような席でした。
おかしいなこの角度から3ヶ月前にゆかりんを見たようなってぐらいに似てた(笑)。

セットリストは全部一緒なので、
こっからは感想をダイジェストで。

・「はじまりの唄」~「Puzzle」
Puzzleも4回目ぐらいになりますので、
それはそれは見事にコールいたしました。
というか2回も来てるんだから
ほっちゃん見ながら無意識で振りコピできるぐらいにならないと(ぇ

・「虹色☆サーチ」~「Baby,I love you!」
虹色でフツーにPPPHもいいですが、
やっぱベビラブのうさみみほっちゃんですよー!
うさみみーー!!
もううさみみしか記憶にねぇーー!!!

・「A Girl in Love」~「蒼い森」
蒼い森の最後でクマー!と大声で叫んだのは俺です。

・「世界中の愛を言葉に出して」
これももう無意識に振り付けできるようになっていて、
顔を終始ほっちゃんに向けながら
手は勝手に振りをしているとゆー奇妙な生命体がここに。

・「見つめられたら~when I fallin' love with you」~「on my way」
黒い衣装に身を包んだほっちゃんがもう、もう・・・!

・「くじら光線」
この曲自体よりも、その後の掛け声コーナーで
3回目にくじら光~線!! を叫ばせる、その神的展開に感動した(笑)。

・「my best friend」~「Romantic Flight」
1stライブではBrand-newコミュニケイションが流れたそうじゃないですか。
それはそれでうらやましいですなぁ。
といっても4年前の話ですけど。

・「スクランブル」
これで回らずしてなんのためのほっちゃんのライブですかあ!!
でも調子乗りすぎて高速回転してよろけました(苦笑)。

・「Shiny merry-go-round」~MC
別名剣の曲。
何度やっても途中でほっちゃんの動きをそのままトレースするかそれともミラーでいくかで
まざりあってごちゃごちゃになってしまいました・・・。
ぬう、これはちょっとした反省点ですかね。

そしてMCのときの「ホントにビールでやんの。」のほっちゃんが
最高に可愛すぎるのですがなんとかしていただきたい。

・「Love Destiny」
ペット思うんだけど、Bメロ前の警報はいらないんじゃないかって。
ラブデスにPPPHないじゃん。
PPPHないのに警報すんなって感じなんですが。
まーそんな細かいことは気にせずにほっちゃん見てれば問題なくなるけどな!!

・「Will」
あの、背景が一面の星空になる演出がいいんだなぁ。
思わず泣きそうになってしまいます。

・「I wish」
やっぱあいうぃーっしゅ!って叫ぶのがたまらんデス。
ほっちゃんの振り付けの可愛いですし。

・「マッシュルームマーチ」~「LET'S GO!!」
ここら辺からネジをはずれ具合はMAXってところかな。

・「笑顔の連鎖」
何度聞いてもいい曲だぁ。
この曲が最後に来るっていうのがまた。

・アンコール~MC
とりあえずステージ暗転してから映像流れ出したのに
アンコールしている空気読めないヤツはなんなのかと。
まあ自然淘汰されていつの間にかいなくなったからいいんですが。

東京はMCをまとめてここに全部持ってきたって具合でした。
もーほっちゃんが喋る喋る。
とりあえず「回る→可愛い→皆の方が可愛い→ほっちゃんには適わない!」のコンボは覚えた。
いつ使うことになるかはわかんねーけど(笑)。

・「Go! Go! Golden Days」
振りコピしながら歌詞を叫べるまでに成長して帰ってきました!
おかげで喉潰すかと思った。

・「Happy happy*rice shower」
本当にライスシャワー(のようなもの)が振ってきて
かなりぐっと来たんですけどもッッ!!

最後に感謝で一杯になって言葉に詰まるほっちゃんを見てて
なんだかこっちまで泣きそうになった。
それぐらい、いいライブでしたッ!
でもダブアンなしなのなッ!

この後の上野パセラジャックはすごい盛り上がりだったそうです。
俺もパセラ行ってみたかったかな。
全フロアドア開放してほっちゃん曲大合唱とかすげーよ。
普通だったら店から叩き出されることを平気でやれちゃうその雰囲気が羨ましいっす。
【2006/02/09 21:50】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
あさって職場にいられなかったら笑うな。
ちょ、すげー暴風ふいてんすけど。
これで電車横転したらやべぇ。

ラジャスさまぁー。


逆襲の魔王(富士見ファンタジア文庫)
わりと面白いとゆー評価を聞いたので。

魔王が勇者に力を奪われて復讐を誓うという始まりはいいのですが
その後の武術大会とか、大臣の策略とか、
中だるみだったようにも思えました。
勇者でありヒロインでもあるサラと
我らがラジャス様のバトルをもっと主軸にすえて欲しかったかなと。

その分主役である魔王ラジャス様は良かった。
もう様付けじゃないと呼べませんよ?(ぇ
例え力を奪われても、その誇りを失わない雄々しい姿に惚れそうです。
そう、だからヒロインであるサラも惚れたというものッッ!!

ま、思っていた以上には面白かった作品でした。
ただ途中に入る萌え描写とかいらねー。
この作風では余計な要素など入れずにシリアス一辺倒でいって欲しかった。
・・・きっと、ファンタジア受けするためには
こういった要素も入れなきゃダメだって言われて増やしたんだろうな。
あまりに本筋のシリアスとかみ合ってない付けたしさが見えまくったし。


本日のBGM:I wish(ほっちゃんの曲より)
【2006/02/07 22:12】 ラノベ | トラックバック(0) | コメント(3) |
これで雪のため電車止まったら大笑いですけども。
ほっちゃんライブのためにスクランブルのシングル買ってきました。
これで「Go! Go! Golden Days」の練習もかんぺきだ。
後は水曜日の朝に38度の熱を出したという設定で電話をするだけだ俺!(爆)

まだ初限版がありました>スクランブル


Fate/stay night 5話
タイガーの出番、来週からないんだろうな・・・。
スタンドの虎はあまりに貧弱で爆笑でしたけどッ!(笑)

今回は全体的に微妙だなあ。
前半のメシの絵は綺麗だなーと感じたんですけど
まったり部分のにが強調されてるので
きのこ文章におけるノリみたいなもんが出ていないと思うんですけども。
あのクソ長い説明文とかもまたテンポがあるからこそ読めるのですし。

後半の凛と士郎の対峙も、コミカルさが妙な表現で
なんか今までの4話分の見せ方といきなり違うノリになった映像で
それじゃあ違和感が出てしまうー。
その反面TYPE-MOONって偉大やな、と改めて思ったけども。
あんだけシリアス展開でありながら
ガンド撃ちみたいなギャグも成立させられるってのがまた。

木の上のライダーさんも登場し、
今迄まったく説明なかったくせに
いつの間にか完璧に発動条件が整っちゃってるんですが鮮血神殿!
次回予告で派手に士郎の腕にライダーさんの短剣刺さってたし
OP見てればセイバールートでの慎二との対決になるようだしで
慎二がマスターもどきだとばれるのは鮮血神殿が発動した時になるのだろうか。

それにしても、ばっさり切られたくせに
凛ルートのシナリオ成立させるために元気に動くアーチャー。
それだと毎晩土蔵で士郎に嫌味・・・というか忠告するのがなくなるのでしょうか?
アレがないとカリバーンの投影が出来ないのであります。
理想としてはカリバーン投影がありつつUBWもある、というの。
こんな贅沢な夢を見たっていいはずだー!!

Canvas2~虹色のスケッチ~ 1~16話
マンガが思ったよりも面白いと発覚したため
アニメのほうも一気に見てみることに。
・・・や、白状すれば、昨日の仕事中にずーっと見てました(ぉ

うーん・・・いい作画にならされてしまったせいか
このレベルの作画のアニメでは俺はちょっと、満足できなくなってしまった。
シナリオもマンガと比べると普通にエロゲ原作のアニメシナリオだし。
別にシャッフル並みのすっげえシナリオは期待してませんが
もう少しマンガくらいの良さがあってもいいと思う。

というか、マンガ版はかなりおすすめできる。
ラブコメとしてみればかなりいけます。もうご飯何杯でも。
でこれを読んだ俺が面白いと誤解してエロゲの方に手を出そうとして
いや待つんだこれはF&Cのゲームなんやでぇ!と自己暗示をかけて
その呪縛から逃れようと努力するわけですが。


本日のBGM:Go! Go! Golden Days(ほっちゃんの曲より)
【2006/02/05 22:24】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
疲れてるのに寝ないでアニメ見る頭の悪いぺっと。
って、外なんだかすげー寒波きてます。
東京行きたくても電車うごかなそう。


舞-乙HiME 17話
バトルロワイヤルきたー。
これぞ舞-HiMEクオリティ!

シュヴァルツによるヴィントブルーム強襲に始まって
アスワドのガルデローベ襲撃、スミスによる信組の制圧、
そして学園のローブのシステムの停止と怒涛の展開です。
先週までのまったり学園アニメはどこへいったと・・・。

何より今週はエルスティンの役回りに衝撃が走った。
絶対黒い手紙を受け取っていたのはトモエだと思っていたのに
先週あれだけ友情ストーリーやったエルスにそりゃねえよぅ。

そのまま蒼天の再契約して『おじさま』の正体晴らしあって
ニナニーの漆黒の金剛石の契約でエルス死亡とか
ドラマありすぎ。
でもそれが詰め込みすぎに感じられないところがまたすばらしいわけですが。

ラストの憎しみをぶつけ合うアリカvsニナはかなり燃える。
そう! こんな戦闘を俺は舞乙でも見たかったの。
アリカのエレメントもどきスピアーは微妙だったけど、
ニナニーのエレメントもどきの短剣は結構燃える武器でありんした。
つか旧OPのミロクみたいなの持ってたのはニナニーか・・・。
ミコトの人型形態はないってことで確定なのね・・・。

来週からマシロは国を追われて放浪の旅、
トモエは新OPどおりシュヴァルツで働くんでしょうねー。
次回から最終回までシリアスモード全開になりそうで
やっと舞乙が見たかったパートに突入してくれたって感じ。

しかしこの展開ではEDの曲が全くあわねぇ(笑)。
今回の展開でラストぶつかりあって、
その後⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンでは・・・(笑)。

灼眼のシャナ 17話
新OP、ようやくお目見え。

って、いたって普通にKOTOKO曲ですよね・・・。
前OPみたいな作品との一体化が見える曲を期待していただけに
ちょっと期待はずれな感じがあって寂しい。

ただ、画像は前に比べて格段にクオリティ上がった。
マージョリー姐さんのトーガ燃え。
でもこの流れだとカムシンと教授のエピソードが
アニメのラストエピソードになって終了のような予感があります。

本編は・・・なんか一気に原作消化しようとしているから
あちこちでフラグばっか立ちまくって
見てて非常に駆け足気分を感じさせられるのがなんとも。
吉田さんは、6巻まで封絶かかったら出番がないという疎外感を
読んでる読者に与えつつも3・4巻の宣戦布告でキャラとして立ったからこそ
6・7巻のカムシンとの中で見えてしまう真実を知って、
それでも『坂井悠二』という存在を好きでいることに
シナリオとしての流れを感じられるのですが、
こうもシナリオが蝶・速度では突然主要キャラの仲間入りされても困るって気分ですけど。

で、チラッとヴィルヘルミナも出てきたんですが、
アニメオリジナルのラストはヴィルヘルミナもからませてくれるってことでいいな!?
信じていいんだなアニメスタッフ!!?


本日のBGM:being(TVアニメ 灼眼のシャナ 新OP曲)
【2006/02/04 00:37】 アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) |
今頃か? 大阪の終了。
平日ライブで次の日も仕事ってダメだよ・・・。
腕と足が悲鳴を上げてました。主に足。
名古屋駅での全力ダッシュが俺の体を壊したと思われ。
でもあそこで走らなかったら名古屋駅一泊ッ!決定だったしなー。

・ライブ感想とかの続き。
物販でビニール袋とかでいいから欲しかったのは俺だけでないはず。

初めて生でほっちゃん見たわけですが、
昨日も、というか今朝も書いたけど
ゆかりんとの遭遇の順番が逆だったら、
今とまったく違っていたのかもしれないと本気で思いました。

曲的にはmy best friendとラブデスがやっぱ嬉しかった~。
ラブデスはまあ予想のうちに入るとしても、
my best friendはほんっとに予想外で、だからこそすっごい嬉しくて。
この曲もその前のフォトンも、ほっちゃんがヒットしだすまえなんすよね。

ただ、この指とまれとかどんなことだってとか桜とか
なかった曲があって寂しいのもまた事実。
この指とまれの振り付けを地味に練習していたというのにぃ。

内容的には小芝居がちょっと目立ったけど、
あんなもの新谷良子に比べれば(ぉ
まあそのせいでMC少な目だったのがちょい残念でしたが、
その分アンコールでいっぱい喋ってくれましたしね♪

・・・で、萌えた分今日は抜け殻で仕事したのでした。
もーイスに座ってるだけで疲れが俺の体を直撃するんですよ。
油断したらすとーんとそのまま寝ちゃいそうだったし。

次の東京・・・は、行けるかなぁ。
仕事の状況が微妙でわりとヤバ目。
しかしできるなら行きたい。
安西先生、生ほっちゃんをもう一度見たいです・・・!

今日部屋に帰ってきたらまだ白リウムがうっすらと光ってて正直ビビった。


パンフは100の質問が面白すぎて。
好きな四文字熟語で「一攫千金」が出るのにほっちゃんらしさを感じました(笑)。
2500円でこの出来なら結構お買い得ではないかと。


本日のBGM:my best friend(ほっちゃんの曲より)
【2006/02/03 20:39】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
堀江由衣Second Tour 2006 ”堀江由衣をめぐる冒険” in 名古屋
仕事のあと速攻でライブ行くと最初の気分って微妙ですね。

時間がなくて会場とかとれなかったので、新幹線の中での駅弁でご容赦を


・開演まで
ってゆーかライブ当日の午後2時過ぎまで労働でしたが。
そのため午後3時に電車に乗り移動の超絶弾丸コース突撃ケテーイ。

特急電車に揺られながら2時間強、
ひたすらコール表見ながらコール妄想して練習。
そうしていると名古屋駅に午後6時前に到着。
そっから地下鉄で移動して会場の厚生年金会館に着いたの午後6時10分ですよ?
おおい開演まで残り20分かよーみたいな。

そっからももう大変な速度で時間は流れていって。
10分でグッズ購入してそのままトイレの列に並んだら
用を足している最中に開演を告げるブザー鳴り響いたりしましたよ。
目の回るような展開でしたわん。

・開演~。
小芝居の開始を告げる(笑)ビデオが流れてから
最初は予想通りにニューアルバムの1曲目、
「はじまりの唄」が流れます。

ここで俺は今回のグッズで売ってた白リウムを発動!
・・・させたのですが、周りは青ばっかじゃねーか。
やはりグッズで売られててもイメージカラーの青でみんな来るのね・・・。

しょーがないと1本だけ持ってきてた青リウムを取り出す。
の、ですが。
今度は青リウムが不良品でしたわぁーーー!!
折れないサイリウムってはじめて見たよ・・・。
ま、どうしょもねーやとあきらめてずーっと白リウムで通しましたよ。

で、はじまりの唄が終わったら
ギアがいきなりあがりますよー「Puzzle」
新曲なんでコールはナニなのがお約束ですけど、
跳ぶところわかりやすい曲だったしこれは俺でもフツーに跳べました。

曲が終わるとちょっとしたMCがあって、すぐ次の曲へ。
「虹色☆サーチ」「Baby,I love you!」と楽園のコンビ打ち。
個人的にベビラブ跳べて満足でした♪
うさみみほっちゃん可愛かったしな!

次の曲も楽園からで「A Girl in Love」
ぬぬ、意外と楽園から出てきたなー。
や、最初の3曲好きだからこの構成は願ったりでしたけど。
じゃすたなこーりんらヴ~こーいをしよーう~♪
この曲は振りコピメインだったので結構気に入りました~。

そのまま6曲目の「蒼い森」
ここでついに小芝居発動。
歌いながら芝居するほっちゃんに萌え。
クマとダンスするのとかめっさかわええねん。

蒼い森が終わると小芝居の流れでほっちゃんがクマになったとゆー設定になり、
そのままに振り付け練習コーナーへ。
振り付け自体は特に語ることもないですけど、
振り付けの練習の掛け声にまで「頑張れほっちゃん」とか
叫びやすい単語入れてくれて楽しかったです。

で、練習が終わるとほっちゃん再登場。
「世界中の愛を言葉に出して」が流れ出し、サビで練習した振り付けを使用。
・・・なわけですが、手を振り回す振り付けなもんで
左右の人間とぶつかること数回(ぉ

曲終了後はMC二回目。
というかMCの間ずっと志村後ろー!って感じだ!!(笑)

その小芝居の雰囲気から一転してシリアスなムードで
「見つめられたら~when I fallin' love with you」へ。
いやもうね、黒い衣装のほっちゃんのスカートが、こう、ヒラヒラと揺れるのよ。
凄くいいのよ。スバラシイー!!
あ、この曲も振りコピでしたのでやりやすかったですわ。

その後はまったとした曲が続いて「on my way」「くじら光線」
ここは座ろうかとも思いましたが、
座ると席の都合でほっちゃんが見えなくなってしまうため
立ってリウム振りながら鑑賞。

ここで更なる衣装変えのために奥に引っ込むほっちゃん。
すると今度はほっちゃんを元に戻すためにセリフを叫べ~とかモニターに出るわけで。
最初のほっちゃんとか、次の早口言葉はいいんだけど
最後の「ジークユイ! ジークユイ!」て(笑)
力の限り叫んだけどさ(笑)
終わったら「グッジョブ!」とかモニターに出るしぃ!!(爆笑)

元に戻ったほっちゃんはピンクの衣装に包まれて、
そんで流れる曲は「my best friend」!!!
やっべこの曲が流れるなんて嬉しすぎ!
キターと叫んでいるヒトいましたけど、
実際俺もキターと叫びましたマジで。
もうその後は正直覚えてないけど、力いっぱい腕振って跳んでたはず。

マイベス終わると12曲目はゆったりと「Romantic Flight」
この曲は空をイメージしている曲だけに
青リウムがよくあってましたなぁ・・・。
ちょっと、そこだけが悔しかった。

ゆったりとした時間が終わると
こいつが今日の本命だぜと言わんばかりに発動される「スクランブル」!!
『ぐるぐる回ーるぐるぐる回ーる』と叫びつつ回転しつつ
振りコピもしつつコール入れて跳ぶとゆー
大変楽しくて疲れる曲です。
ぶっちゃけて言えば、回りすぎて最後のほうちょっとよろけました(苦笑)。

お次は「Shiny merry-go-round」
ほっちゃんが会場を走ってFCの宣伝しつつ(笑)
グッズ販売コーナーで買ってきた900円の剣を使って振り付け。
最後には殺陣までやってましたが、
剣を使ってるだけにリウムでやる振りコピはかなーり良かった♪

その興奮を引っ張ったまま15曲目「Love Destiny」
こいつぁかなり練習したから完璧に跳んでやったね!
サビの手のひら返すコピして終わったらFuFuー!を入れるのがたまらんて!

ラブデスで萌えた後にはゆったりと「Will」
染み入るような曲で、
わりとニューアルバムの中で上位のお気に入りです♪

ゆったりしたところで次の曲は「I wish」
これもかなりびっくりで嬉しかった~。
や、きっと桜ぐらいしか1stアルバムから出ないと思っていたので。
あいうぃーっしゅ! と叫んでこれただけで満足だ!

ここでMCとか小芝居とか。
いや、フツーにトークした後パッと小芝居に移ったのには笑ったけど。
役者ってすげーなーと思ったときでもありました。

最後の3曲ってことで連続。
まずは最初に「マッシュルームマーチ」
小芝居進行しながら・・・だった、はず。

次は「LET'S GO!!」
もう何も考えずにただただ跳んで振って叫ぶってカンジ。
この曲はコール入れる部分がわかりやすすぎるぐらいですしぃ?

最後のしめは「笑顔の連鎖」!!
跳べるいい曲がまた最後に来るんだこれがあ!!

で、アンコールして
アンコール曲に・・・入る前に、
今回初めての長めのMC。
オケ+小芝居有りとゆー構成の都合上、MCに枠をさけなかったため、
喋れる部分はここしかないんですってよ。

ゆかりんの話題に触れた時はキター! と叫びましたが(笑)
東京ラブストーリーは懐かしいなぁ・・・3回は見たなぁ俺。

で、たっぷりとトークがあっていよいよアンコール曲へ!
1曲目は「Go Go Golden days」・・・って、それしらない(爆)。
後で調べたらスクランブルのカップリング曲でした。
スクランブルのシングルだけ買ってないんだよなぁ・・・油断してました。
歌詞がモニターに表示されてたので叫びやすかったのが救いでしたけど。

ちょっと気落ちしたけど、2曲目で挽回。
「Happy happy*rice shower」キター!!
はっぴはっぴらいすしゃわーFuー!!
1曲目で悔いが残っただけに、こっちでは飛びまくりですよぅ!!

ライスシャワーでしめて、名古屋ライブしゅうりょう。
3本締めして気持ちよくお疲れでしたッッ!!

・・・ところがこっからまだ俺の戦いはあるわけで。
終了時点で午後9時過ぎで、
そっから9時20分までに名古屋駅まで移動しないといけなかったため
余韻にあんまりひたる暇もなく全力ダッシュで駅へ。
ライブの後で全身痛いのに頑張って走りました。
途中足が肉離れしそうなぐらい痛くなったけど。

つーことでライブ終了20分後には戦地を既に離脱とゆー
超絶弾丸日程で帰りもいっちゃったのでしたまる。


・感想とか。
いや、危うくほっちゃんに惚れ直しててしまうところでした。
これで去年ゆかりんとの遭遇がなければ
確実にそうなってたことでしょう。
運命とはかくも面白いものなのか・・・。

まゆかり王国では浮気は極刑だからそんなことしないけどな!
他の声優のライブ行くのも浮気じゃないのです!
他国の情報収集とか視察とか、そんな気分で。

で、4年ぶりにして初めてのほっちゃんライブでしたが
ほっちゃんの可愛さはやばいって。
お持ち帰りしたくなるもん。
それはゆかりんにも言える事ですし、
やはりやまなこは最強のユニットであったと思われますたいちょー!

初めてだったけど振りコピメインだし
PPPHとかあんまりないしで結構すんなり楽しめました。
後は青リウムを持っていってれば何もなかったけど。

で、グッズとかについても書きたいのですが
そろそろ肉体的に限界なのでそこら辺は明日で・・・。


本日のBGM:スクランブル(ほっちゃんの曲より)
【2006/02/03 01:26】 イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
Canvas2のマンガって意外に面白くね?
ほっちゃんのライブのためにコール表見ながら勉強中。
ぐるぐるまわーるでどこまで回れるのかが勝負の分かれ目と見た・・・ッ!!
てゆか「ALL MY LOVE」とか「心晴れて 夜も明けて」とか、
シングル聞こうと思ってもどこにあるかマジわかんねぇ。

アルバムは全部あるんですが。


・どーでもいいこと。
つーわけで徹夜態勢でほっちゃんのコール確認ちゅう。

ダメだ・・・水樹奈々曲ばっかり聴いてたせいで
まったく曲とか印象に残ってねぇ・・・ッ!!
ブレフェニならイントロからサビから完璧ですがのう。
ゆかりんの歌ならこの状況下でもDNAで跳べるけど、さすがにほっちゃんじゃなぁ。

まぁそんなゆかり王国民な俺ですが
昔はゆかりんよりもほっちゃんが好きだったんですよ?
やまとなでしこだってほっちゃんがメインで買ってたさ!
今の俺からは考えられねぇってぐらいな気分です。

そもそもとして、実際ほっちゃんのライブ初めてなんですよ俺。
やまなこも1stツアーも、全部大学生で金がなかったから
いけませんでしたのことですよぅ・・・。
地方の、首都圏じゃない大学が恨めしかった。

で、実際明日の名古屋は死ぬ気で有給申請を通したので
多分いける・・・と、思うのですが
東京はヤバイ。マジヤバイ。
取り消しは必死だ。
行ったら行ったで次の日から生ける屍になっちゃうけど、
それでももう一回国際フォーラムの地を踏みたかった。
いや、もう過去形かよ俺。

明日は日帰りなので今ぐらいの時間に
ライブの感想あげる予定ですよ~。


本日のBGM:この指とまれ(ほっちゃんの曲より)
【2006/02/02 00:02】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
近くて遠い明日。


CALENDER
01 | 2006/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
RECENT ENTRIES
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in アイプラザ豊橋(10/24)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in パシフィコ横浜 国立大ホール(二日目)(10/23)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(二日目)(10/06)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 福岡市民会館(一日目)(10/04)
  • 田村ゆかり LOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in 仙台サンプラザホール(09/28)
  • RECENT COMMENTS
  • チェリー(10/07)
  • をつこ(07/08)
  • 飼い主(03/04)
  • ぺっと@管理人(01/24)
  • あらやまつみ(01/24)
  • 秋田の人(06/15)
  • かいぬし(05/27)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 魂は永遠に彷徨う(声優とアニメの情報ページ):11/10 本日の声優、アニメ情報(11/10)
  • 気になるキーワードでブログ検索!:【Animelo】についてサーチエンジンで検索してみると(09/02)
  • ARCHIVES
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (5)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (2)
  • 2008年10月 (5)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (5)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (3)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (2)
  • 2007年09月 (4)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (6)
  • 2006年12月 (7)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (6)
  • 2006年09月 (9)
  • 2006年08月 (8)
  • 2006年07月 (12)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (17)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (19)
  • 2006年02月 (22)
  • 2006年01月 (17)
  • 2005年12月 (19)
  • 2005年11月 (16)
  • 2005年10月 (24)
  • 2005年09月 (15)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (14)
  • 2005年06月 (20)
  • CATEGORY
  • 同人 (4)
  • イベント (89)
  • その他 (56)
  • アニメ (110)
  • マンガ (43)
  • ラノベ (31)
  • ゲーム (24)
  • 未分類 (1)
  • LINKS
  • 田村ゆかり公式ホームページ
  • 黒うさぎの小部屋
  • SEARCH

    PROFILE
    ms_ki
  • Author:ms_ki
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。